八重歯の歯周病

八重歯は歯周病にかかりやすい事が知られています.


単に磨きにくいから歯茎が腫れてしまい歯周病になってしまうと言う事です.どうして磨きにくいのかというと、八重歯の裏側が隣の歯と重なってしまっていて歯ブラシが届かない部分になります.フロスなどでもよく磨けない場合も多いようです.


八重歯の問題は30すぎてから歯周病の問題となっておこります.

八重歯の歯茎の腫れ
八重歯の歯茎の腫れ

八重歯の将来はしっかりと残せるのでしょうか?八重歯を炎症なく将来にわたって健康な状態を保つのは困難です.八重歯があったから歯周病が進行してしまって抜歯になってしまう事になると考えられます.

 

写真の八重歯の周りから出血しているかと思います.八重歯は、歯磨きができない上に物が詰まりやすいため、歯周病にかかりやすい歯並びということが知られています。

 

また、八重歯は歯周病や歯茎の退縮が起こりやすく、状態の進行が速いというのも特徴となります。これは歯の周囲を覆う歯槽骨という骨が薄いため、免疫などの反応が弱いためと考えられます。八重歯が歯周病となっていることはよく見かけます。


とくに、30歳を過ぎると免疫力が低下すると言われていますので、歯周病にかかってしまうリスクが高くなると考えられます.歯茎が下がりやすいのも歯茎の回復力が弱まってしまうからと考えられます.

 

八重歯のお掃除は、小さい毛先の歯ブラシや、糸楊枝(フロス)を丁寧にしようして、歯と歯茎のケアをする事が重要になります.特に八重歯の裏側の歯茎が炎症を起こしやすいので、八重歯の裏の歯の詰まっている部分を丁寧に磨いて炎症を起こさないようにすることが必要になります。

できましたら、矯正治療で歯並びを並べる事をお勧めします.

 

虫歯の予防のページ

 

八重歯の気になる方はただいま無料カウンセリングを行っております。この機会にご相談ください

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03-3251-3921