歯のヒビは状態を確認します.

歯にひびが入ってしまう事があります.特に神経を抜いた歯に金属の土台を入れたケースでは、歯が折れやすい事が知られています.


ただ、ひびが入ったり折れたりしても歯を抜かずに残せるケースも多いので、しっかりと状態を確認する事を勧めしております.

歯のヒビの状態

割れてしまった歯
割れてしまった歯

歯が割れてしまう事が時々あります。歯が割れてもすごい痛みが出る事はあまり無く、噛んだ時に少し違和感を感じられる程度の事が多いようです.

 

自覚症状がそれほど無いため、歯が割れても放置しておかれる事が多いようですが,固い物を噛んだ時にひびが進行して痛みが出てしまう事があります.歯のひびが完全に進行してしまう前に歯を補強したほうがよいと考えられます。

 

歯が割れた場合,ひびを除去して修復できる場合と、ひびが感染してしまって歯を残しておかない方が良いと考えられるケースがあります.

 

ひびの深さが歯茎の中数ミリ程度で割れた歯の部分よりのこった歯の方が多い場合は、基本的に残せる可能性があります.ひびが歯茎の内部に達し、感染してしまっている場合は周囲の歯に感染が広がってしまう可能性が高くなりますので、感染を除去するために割れた部分を除去するか、歯を抜く事になります.


割れてしまった歯を残す方法に関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

割れてしまった歯を残す方法のページ


また、割れてしまった歯を残す治療は保険外診療となりますので、治療前に無料カウンセリングを行っております.治療方法のご説明,お見積もりをお渡しした上で治療をするか、しないかご検討して頂きます.無料カウンセリングは御予約制となります.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839