歯にヒビ。歯を残す方法

現在、簡単な虫歯や歯周病で歯を抜いていた70年代の感じで歯を抜き続けている歯医者さんはいないと思います。しかしながら、歯を抜く基準が甘いと思われる歯科医院が多いのも確かです.


最近、歯を抜くかどうするかと言う基準はだんだんと細かい基準になって来ています.歯の根っこの先の炎症や中程度の歯周病、中程度の歯のヒビ、虫歯がある程度深い場合でも歯を残せる可能性が高くなって来ています.


歯を抜かずに残したいと考えられている方に歯を残す治療方法をご紹介いたします.


歯にひびが入ってしまった時に歯を抜かずに残す方法

歯にひびが入ってしまった場合基本的に歯を抜きます。歯のひびに沿って細菌が感染を起こしてしまい、歯の周囲の組織に炎症が起こってしまうためです.深い歯周病のポケットができる原因になってしまう事もあります。

 

ただし、ヒビの具合によって歯を残せることがあります。ひびの入っている深さや方向によっては残せる場合もあります.

 

深いひびが入ってしまっている場合でも、ひびが細く、感染していない場合はそのまま補強して様子を見て問題の無い場合もあります.歯の表面にはひびが入ってしまっている事はよくありますが、感染していない場合は悪化しないようにして経過を見る事になります.

 

ヒビが感染してしまっている場合は、感染を除去します。感染が除去できないと炎症を残してしまい歯の周りの骨などが炎症で吸収してしまいます。

 

炎症を除去できたらそれでよいのですが、炎症を除去できない場合は、ヒビが歯茎の上になるように処置を行います。部分矯正法、歯冠長延長術、外科的再殖という方法を行います。

 

歯のひびの治療法

 

詳しいひびの状態は歯科用のCTを撮影して状況をご説明いたします.まずは無料カウンセリングにお越し下さい.歯の根っこの長さが短い場合や歯のヒビが歯の根っこの先まで達している場合などは歯をさないほうがよい場合などがあります。しっかりと診断してご説明いたします。


歯を抜かずに残す歯科治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明,お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上                JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839                               03−3251−3921