前歯のインプラントは要注意です.

前歯にインプラント治療をされる方も多いのですが,前歯のインプラントで見た目の問題が起こってしまう事はご存知でしょうか?


前歯にインプラントを行う際には、顎の骨が厚く、歯茎も厚い事が必要だと私は考えております.インプラントの歯茎が下がってしまった場合は、歯茎を回復させる事が難しく、また、インプラントを打ち直す事も厳しいものになります.


そのため、インプラントを前歯に行う際には慎重に行うようにご説明させて頂いております.前歯の場合,噛み締めるわけではないので、ブリッジ治療でも持ちはいいでしょうし、前歯が1本ないくらいではインプラントをする事はあまりお勧めしません.

前歯のインプラントは歯茎が下がると大変です.

前歯のインプラント
前歯のインプラント

 前歯にインプラントを入れる場合,顎の骨が少ないと歯茎が下がってインプラントが見えてしまう事があります。

前歯が1本無くなってしまった場合,何でもインプラントが選択肢になる訳ではありません。骨を大きく作ってインプラントを入れても5年10年で歯茎が下がってしまうとインプラントの黒い部分が露出してしまい写真のように黒く見えてしまう事があります。

 

ひどい場合は、金属部分が大きく見えてしまいます。インプラントを行う場合はインプラント周囲の骨の状態を確認して行い、インプラント治療後も定期的なメンテナンスが必要になります。

 

お写真の状態は、画面左側の前歯のインプラントを入れた部分の歯茎が下がってしまい、インプラントの土台が露出してしまっている状態です。この程度でしたら炎症さえなければ歯茎の再生治療を行うことで歯茎を回復させることが可能だと思われます。

 

歯のない部分に行うインプラント治療はいろいろな問題や注意事項があります。歯のないときの治療はインプラント以外にも選択肢がありますので選択をしっかりと検討したうえで治療されることが良いと思います。下記のリンクページに歯のないところの治療方法を記載させていただいておりますのでご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯の無い所の治療のページ