歯がしみる知覚過敏の予防法の治療

歯茎が下がってしまって知覚過敏が起こる場合があります。


こういった場合に知覚過敏の症状だけを改善させることも必要ですが、知覚過敏の原因となる下がった歯茎を回復させる治療も有効です。


下がった歯茎を回復させる治療例 ~歯茎の再生治療~

歯がしみる
歯がしみる

水が冷たい季節になると、歯がしみてしまうのが気になる事があります.健康な歯でもしみてしまう事がありますが,歯茎が下がってしまった場合はより強くしみてしまい、知覚過敏と言われている状態になります.

お写真の方のように、歯茎が下がって歯の長さが長くなってしまっている場合,こういった知覚過敏の症状が起きやすくなってしまいます.

 

こういったケースでは、歯茎の再生治療によって歯茎を回復させる事ができます.

歯がしみる
歯がしみる

歯茎の再生治療を行って歯茎を回復させた状態。

歯茎が下がってしまい、歯がしみてしまっていた症状も下がった歯茎を覆うことで改善します。

このように、歯茎が下がった状態を回復させる治療が歯茎の再生治療です。

 

知覚過敏に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。


知覚過敏のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03-3251-3921

0120-25-1839


このブログの記事に興味が出た方は上のシェアボタンのクリックもお願いいたします。