歯がしみて知覚過敏の方

みなさん経験されるかと思いますが、アイスなど冷たいものを食べると歯がキーンとしみますね。

ただ、普段のお食事などでしみて痛むというのは正常ではない状態です。

知覚過敏は極端に冷たいものを取らないのに日常生活を送るなかで問題になる痛みが起こってしまう状態と言えます。

 

知覚過敏は、冷たいものなど温度刺激以外にも擦れたりする摩擦などに敏感になってしまうこともあります。

 

冷たい物がしみる方は、歯の神経が敏感になっている事が考えられます.

 

歯の神経が敏感になる原因は?

  1. 歯にひびが入っている
  2. 歯茎が下がってしまっている
  3. 歯ぎしりなどで歯がすり減っている
  4. 詰め物がはずれたままになっている
  5. 虫歯ができてしまっている
  6. 詰め物に隙間がある

 

などの理由により歯の神経が敏感になってしまいます.

歯のしみてしまう原因を確認した上で治療を行う必要があります.それぞれの原因についてご説明いたします。

 

単なる知覚過敏と思われるかもしれませんが、歯がしみる症状がひどい場合、例えば5分以上強い痛みがある場合などは、歯の神経に炎症が起こってしまっている可能性が高く、歯の神経を取る必要がある場合もあります。


1.歯にヒビが入ってしまいっている場合の知覚過敏について 

歯にヒビが入ってしまうことがよく起こります。歯と歯茎のつけねの部分がえぐれてしまっていることはよく見かけます。また、食いしばりや歯軋りで歯がすり減ってくると歯の先端のすり減った部分からヒビが何本も入ってしまうことはよくあります。

 

歯のヒビが原因の知覚過敏はヒビの大きさによって処置が変わります。

 

歯をぶつけた場合などに歯に入ってしまったヒビで根っこの先の方まで入ってしまっているようなひどい場合は、歯を抜かないと知覚過敏が取れない場合もあります。日常生活ではまずこういったことは起こりません。

 

歯の一部に入ったヒビが原因で少し知覚過敏になりやすい感じであれば、レジンという詰め物をヒビに詰めるだけで症状が緩和する場合が多いです。

 

ただ、ヒビは裸眼では診断しにくいので、顕微鏡や拡大鏡など歯の表面をしっかりと審査をする病院に行くことをお勧めします。場合によっては原因不明と診断されて単に知覚過敏のお薬を塗るだけで症状が改善しないということになってしまうこともあるようです。


2.歯茎が下がってしまっている場合の知覚過敏

歯茎が下がってしまっている場合の知覚過敏治療 治療前
歯茎が下がってしまっている場合の知覚過敏治療 治療前

最近歯が長くなったと思ったら、歯ブラシをするのにも歯がしみてしまう。ということはありませんか?歯ブラシはお湯を使用しないと磨けないというのはかなり重症の知覚過敏です。

 

下がった歯茎の部分にレジンという詰め物を詰めて過敏症を抑えるのが一般的な歯科治療ですが、歯が長くなってしまいますので、見た目にはよくありません。

 

下がった歯茎そのものを再生して回復させる方法もあります。

歯茎が下がってしまった場合は、歯茎を回復させる歯茎の再生治療という方法もあります。詳しくは下記のリンクページをご覧ください。

歯茎が下がった時の治療のページ

 

 

歯茎が下がってしまっている場合の知覚過敏治療 歯茎の再生治療後
歯茎が下がってしまっている場合の知覚過敏治療 歯茎の再生治療後 仮歯の状態

特に前歯の歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療で歯茎を回復させるのが知覚過敏の治療以上に見た目がよくなりますので、希望される方も多い治療です。

 

歯茎の再生治療は多くの歯科医院ではやっていないか、綺麗に再生させることができないので、歯茎の再生治療をしっかりと行っている医院を探す必要があります。

 

ただいま歯茎の再生治療も無料カウンセリングを行っておりますので、この機会にご利用ください

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839


3.歯軋りなどで歯がすり減っている場合の知覚過敏

歯軋りで歯の先端がすり減ってしまった場合の知覚過敏 治療前
歯軋りで歯の先端がすり減ってしまった場合の知覚過敏 治療前

歯の先端が歯軋りですり減ってしまっている方は、歯の形が四角くなります。また、歯と歯をを噛み合わせた時に上下の歯がぴったりと揃う場合はかなり歯軋りで歯がすり減ってしまっていると考えられます。

 

歯軋りで歯がすり減っても通常は長期間にすり減っていきますので、歯の神経の内部に刺激を遮断する構造が徐々にできるため、知覚過敏が起こることはあまりありません。

 

ただ、場合によっては最近歯軋りをするようになったという場合には知覚過敏が起こりやすい状態となります。

 

歯がすり減ってしまった場合は噛み合わせを含めてオールセラミックなどの差し歯で直す場合もあります。

歯軋りで歯の先端がすり減ってしまった場合の知覚過敏 オールセラミックで治療後
歯軋りで歯の先端がすり減ってしまった場合の知覚過敏 オールセラミックで治療後

かも合わせと歯の形も改善するために、オールセラミックで治療を行いました。

 

歯の先端がすり減ってしまう方は、歯の先端だけプラスティックの詰め物で直してもすぐに悪くなってしまいますので、丈夫なオールセラミックで治療することも良い方法かと思います。

4.詰め物が外れたままになってしまっている場合の知覚過敏

詰め物が外れてしまっている場合は食事などで使用するとしみるでしょうし、外れた穴に汚れが溜まりやすく虫歯が進行しますので早めに治療しましょう。

5.虫歯ができてしまっている場合の知覚過敏

知覚過敏の症状で虫歯に気づくこともあります。虫歯が小さいうちに見つけることができれば、1日で終わる簡単な処置で終わることができます。

6.詰め物に隙間がある場合の知覚過敏

詰め物を一度詰めたら大丈夫と思わないでください。金属の詰め物は変形して歯との間に隙間ができれしまうことがよくあります。詰め物の隙間が原因で知覚過敏の場合、早く見つかってよかったということで、すぐに歯科医院で治療をされることをお勧めします。


歯の知覚過敏に関するBlog

ご存知ですか?歯茎が下がってしまう理由

矯正中に歯茎が下がる
矯正中に歯茎が下がる

歯茎が下がるのには理由があります。

 

よく歯茎が下がってしまうという方がいらっしゃいますが、歯茎が下がる原因は歯を支えている骨の厚みです。

 

例えば、矯正治療中に歯茎が下がってしまう事がよくあります.これは歯の根っこが顎の骨にしっかりと入っていないケースでよく起こります.

 

お写真のケースはスピード矯正治療を行うために歯茎を開いた状態です.歯の根っこが顎の骨から飛び出して歯の根っこが見えてしまっているのがわかります.

 

この状態のまま矯正治療を続けると歯の根っこがさらに骨から飛び出してしまい歯を支えている骨が無くなってしまう可能性があります.歯の周囲の骨が無くなると歯茎が下がってしまいます.

 

こういったケースでは増骨矯正法と言って歯の根っこの周りに骨を誘導する方法を行って歯茎が下がるのを予防します.

 

また、歯周病などが進行しやすい方は歯の周囲の骨が少ない方の場合もあります。支える骨が少ないと歯周病が急速に進行してしまいます。特に歯と歯が重なっている部分は清掃がしにくいうえ歯と歯の間の骨が少ないので歯周病が重度に進行してしまいやすい部分となります。

 

歯茎が下がってしまった時の治療方法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

また、歯茎が下がった時の治療に関しましては保険外治療となります。そのため、当院では無料カウンセリングにてお見積りをお渡ししております。治療方法のご説明とご希望に合った治療の料金をご説明いたします。まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

03-3251-3921

続きを読む 0 コメント

歯に穴があいたら要注意です.

虫歯の場合、歯の穴だけは注意してください。痛くなくても重傷です.


歯の穴にものが詰まる場合は要注意です.数ヶ月放置しておくと歯の内部でかなり大きな虫歯に発展してしまい、歯を抜くとか非常に重症になってしまう場合が多いです.


穴になっていない虫歯はそれほど心配ない場合もありますが,穴があいたら歯科治療をお急ぎください.歯を抜かない歯科治療をしたくても虫歯が進行しすぎた場合難しい事もあります.

続きを読む 0 コメント

歯茎が下がってしまったときの歯科治療について

歯茎が下がってしまったときの歯科治療に関してのご紹介です.


歯茎が下がるのは年齢のためだけではありません.歯ブラシの仕方や歯ぎしりの程度や歯周病の進行度や歯茎の遺伝的な厚みなどによって歯茎が下がりやすさが変わります.


歯茎が下がってしまった場合,放置して経過を見ていくか、歯ぐきの再生治療と言う方法で歯茎を回復させるかどちらかになります.

続きを読む 0 コメント

知覚過敏はすぐ治療するべきか?

歯が知覚過敏になっていませんか?

 

歯の知覚過敏は通常一時的な現象です。長く続くようでしたら、単なる知覚過敏ではないかもしれません。虫歯が進行してしまって神経が過敏症となっている場合も知覚過敏が起こります。そのため、知覚過敏が続くようでしたら、歯医者で検診をされることをお勧めします。

 

虫歯が原因で知覚過敏が起こってしまっている時、場合によっては神経まで虫歯菌が侵入してしまっていて、神経を取らなくてはいけないという場合もあります。単なる知覚過敏だと軽く考えない方が良いかもしれません。

 

通常、知覚過敏の原因が起こる場所は、歯と歯茎の付け根の部分で起こるのですが、これは、歯茎が下がってしまったときや、歯ぎしりなどで歯の表面がはがれてしまった場合に起こります。知覚過敏が長く続くようでしたら、歯の神経に炎症が起こってしまっている可能性もあります。

 

また、歯茎の下がってしまったところや、歯の表面がはがれてしまった部分は酸に対しての抵抗力が弱いため、虫歯になりやすくなります。

その上、知覚過敏のところを歯磨きしにくいでしょうから、汚れがたまってしまい、虫歯になる危険性が高まります。

 

この部分の虫歯を根面カリエスと呼んでいて、虫歯の好発部位の一つです。差し歯の付け根でも起こりますので、差し歯の内部に虫歯が進行してしまうこともあります。

 

定期的なメンテナンスを歯科医院で受けることで、虫歯の予防や、主場の早期治療を行うことが可能になります。

 

知覚過敏に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

知覚過敏のページ

 

ただいま無料カウンセリングを行っております.知覚過敏の気になる方はお越し下さい.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921

続きを読む 0 コメント

歯科で使用する麻酔液は苦いです。

歯科治療で麻酔を行う時に嫌なことの一つに麻酔の液が漏れた時苦い味がすることがあります。麻酔の液は通常お口の中に漏れないように注意して行いますが、場合によっては喉の奥に苦い麻酔の液が流れてしまうことがあります。



歯科治療をする際どうしても局所麻酔は必要になります.お口の中の皮膚や歯の中の神経は他の身体の表面に比べて敏感なため,麻酔なしでは痛みで治療が出来ないと思います.

 

麻酔のお痛みは極力少なくなるように麻酔の工夫を行っておりますが,お痛みや、麻酔薬の味などが気になる方もいらっしゃいます.

 

今回は麻酔の味についてご説明いたします.

 

歯科で麻酔をする場合,皮膚の表面に塗る麻酔と皮膚の内部に入れる麻酔の2種類の麻酔薬を使用します.

 

皮膚の表面に塗る麻酔の味は、バナナやイチゴの味がするものが最近多いように感じます.苦くないように工夫されているようです。

 

ついで、皮膚の中に入れる麻酔の液の味ですが,これは味を加えるわけに行きませんので薬品の味そのままのものが感じられます.少し苦いです.麻酔を受けられる場合、あらかじめ苦いと思っていた方が良いかもしれません.

 

麻酔をする場合、この苦い麻酔の液がのどに入ってしまうことがあります。麻酔の液は苦いのでのどに入ると、はきそうになる方もいらっしゃいます。なるべく麻酔の液がのどに入らないようにしていますが、もし入ってしまったら手を挙げるなりしてお伝えください。動くと針を使用しているため危険です。


歯科治療を安全に受けていただくためにあらかじめ麻酔の味のイメージをしておいてください.少し苦くても全く問題ありませんのでご安心してください.緊張される方が体にはよくありません。麻酔はすごい苦いと思っているとそれほどでもないと感じられるかもしれません.アルコール成分の入ったうがい薬の味を想像しておいていただければだいたいそれくらいの感じかと思います.

 

歯科治療に関しまして詳しいページは別のページにご用意させて頂いております.か季のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯科治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

 

続きを読む 0 コメント