歯を抜かずに残すには

歯を抜く事は良くないと昔から言われてきているので、歯はなるべく抜かない方が良いと言う事をご存知の方は多いのではないでしょうか?インプラントや入れ歯、ブリッジよりも天然の歯が健康な状態の方が良いと言う事に異論はないでしょう。

 

少し歯が痛いからと言ってすぐに歯を抜くと言う事はないでしょうが、歯を抜かずに残せるケースでも歯を抜くと言われてしまう事はあります.

 

虫歯が深い、根っこの先に膿がたまった、歯周病が進行した、歯にひびが入った、歯並びが悪いなどの理由で歯を抜く事が勧められる場合もあると思いますが,本当に歯を残せないのかは確認した方が良いでしょう.

 

このページでは歯を抜かずに残す方法をご紹介いたします.


ゴムで引っ張る方法 (小矯正治療)

歯を残す
ゴムで引っ張り出しているところ

深い虫歯や、歯が折れてしまった時は、歯の根っこをゴムで引っ張り出す方法で、歯を抜かずに済むことがあります。写真は、事故で歯が折れてしまったところを歯茎の外にゴムで引っ張り出しているところです。前歯ですが、表面に仮歯をつけているので、見た目にはほとんどわかりません。

歯が折れてしまっていますが、何とか抜かずに残します。

前歯を仮歯に換えて裏側にゴムで引っ張り上げる装置を入れました。歯を残せるようになりました。

歯を残す装置のお値段¥52,500-(込)保険外治療



外科的に引っ張り出す方法 (歯冠長延長術)

歯茎の中まで虫歯です。

このままでは歯の治療ができません。

従来では歯を抜いていました。

歯茎とあごの骨を整形して、歯を引っ張り出しました。

歯茎を糸で縫っていますが目立ちません。