歯のないところを治したい方へ

歯を抜くことになってしまった方も多いでしょうが、抜いたまま放置しておくのは、見た目の問題からも、他の歯への影響からも避けた方が良いと考えられます。歯を抜くことになった経緯はいろいろあるかと思います。中には歯医者に抜かれたと不満を感じている方もいらっしゃると思います。

 

ただ、現状歯がなくなってしまっている場合は、ご自身のためにも歯のない部分を補う治療を考える必要があります。前歯のない人は他人からの第一印象は悪くなりますし、奥歯がないまま放置して噛み合わせが悪くなると他の歯も悪くなってしまいます。早い段階で歯のない状態を改善されるのが理想的です。


歯が無いとなぜ悪い?って疑問はありますか?

奥歯がなくてもなんでも噛める。むしろ入れ歯を入れた方が噛みにくい。など歯が無いことに不自由を感じてい無い方も多いようです。そういった方のご意見は尊重しますが、一時的に良くてもさらに歯がなくなった場合はだんだんと噛めなくなるので飲み込んでしまう・話しにくくなるので話したくなくなる・力が入れにくくまた姿勢が悪くなるなど生活が不自由になってきた場合は治療をされた方が良いのかと思います。(もちろん生活に支障が起こる前に治療をされることをお勧めしますが)

 

8020運動という歯科の啓蒙活動をご存知でしょうか?20本以上歯のない方は20本以上はのある方より、寿命が短い・要介護へ移行するリスクが高くなる・認知症の発症率が高くなるといった生命に関わることに影響があることが知られています。通常平均的に28本の歯があります。(親知らずが4本ある方は32本の歯があります。)80歳で20本の歯があること、抜いてそのままにしておかないことが体の健康・長寿に影響があります。

 

歯が1本抜けたところから噛み合わせの変化は起こり始めます。

 

歯がなくなってしまうと、口の中には色々な変化が出てきます。

歯が動いてくる・かみ合わせが変わると言ったことから、虫歯・歯周病になりやすくなると言ったことが起きてきます。

かみ合わせが悪くなると、くいしばれなくなり、力が入らないといった目に見える変化や、最近のネズミの実験ではアルツハイマーになりやすい可能性を示した実験結果もあります。

 

抜けた歯を放置しておくことにの利点はあまりないのですが、治療にかかる費用や治療のわずらわしさ から治さないという選択をされる方も多いようです。

治療をされる場合は何通りかの方法がございますので、ご参考になさってください。

 


歯が抜けた時の歯の代わりになる治療法


歯の無いところの治療も病院によって上手い下手はあります。

私より、皆様の方がご存知なのかもしれませんが、入れ歯の上手い先生、入れ歯は下手だけどインプラントの上手い先生などすべての病院で同じ治療のレベルがあるわけではありません。良い先生だからといって、上手いわけではありません。

 

また、歯の無いところは歯茎や顎の骨が痩せてしまっていますので、単純にインプラント、ブリッジをしても歯が長くなってしまったり、物が詰まりやすくなってしまったり、息が漏れるなど歯茎や骨を再生させずに治療をする問題が起こってしまうことも多いようです。

 

治療方法を選択される際にはかかりつけの先生だけでなく、いろいろな病院を確認された方が良いでしょう。腕はいいけど非常に高額な場合、(値段の表示や見積もりのなく治療後に高額な治療費を請求されてしまうこともあるようです。)歯がなくなって歯茎が下がってしまっているのに、歯茎の再生もし無いでブリッジ治療をしたので歯の間の隙間が気になってしまう。など、単純に歯が無いところに人工物を入れれば良いというだけではうまくいか無いことも志ばしばあります。

 

残念ながらすべてのかかりつけの先生が、希望するすべての治療をできるわけではありません。ご自身の状態にあった治療をしっかりとしている歯科医院を探されると良いのではないでしょうか。

歯が無くなって歯茎が痩せてしまったなど、ブリッジやインプラントが難しい場合はご相談ください。

歯が無くなってしまっているだけではなく、歯茎や顎の骨が痩せてしまったなどの問題がある場合は、通常の歯科医院では対応でき無いことが多いようです。歯茎の再生治療、骨の再生治療を行っている歯科医院にて治療をされることをお勧めしております。

 

ただいま、当院では歯の無い部分の歯科治療の無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。

 

通常、専門医でのカウンセリングは初回3千円ほどから数万円ほどの費用がかかります。当院では多くの方により良い状態で歯の無い部分の治療を受けていただいと考えておりますので、初回のカウンセリング、レントゲン検査代を無料にさせていただいております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839


歯の無い部分の歯科治療に関するブログ

噛んだ時に歯が痛い場合の重症度 歯科治療ブログ

お食事中に噛んで痛みの出る歯はありませんか?


歯科治療の経験のある方は、お食事中歯に違和感を感じた経験をお持ちだとおもいます。多くの場合、一時的なお痛みで忘れてしまうことが多いですし、通常問題ありません。ただ、かむといつも痛いけどその歯を使用しなければお食事に支障はないので放置してしまっているという場合は要注意です。


噛んだ時に歯に痛みを感じる場合は単なる虫歯より状態が悪いことが多いです。


噛んだ時に痛い場合や歯の根っこのほうを押すと痛いという場合は、歯の根っこの先に炎症が起こってしまっている場合があります。歯の根っこの先に炎症がある場合は、歯の内部に炎症の原因となる細菌が増殖してしまっています。

 

炎症がある場合、歯の根っこの先端に大きな骨の吸収が起こる場合があります.これは歯の内部の神経があった空洞に炎症があるために起こります.根の治療が不十分の場合は消毒をする事で解消する事もありますが,歯にひびが入ってしまっていたりすると対処が難しくなる事もあります.

 

炎症が強く骨の吸収が大きい場合歯を抜くといわれる事が多いようです.当院にもよく根の治療で残せないから抜いてインプラントを入れるといわれたけど何とかならないかという御相談を受けます.歯に大きな穴があいていたり、歯が完全に割れてしまっている事が無い限り歯を残す処置をします.通常は、根っこの中の消毒をして骨が再生するのを待ちます.

 

また、根っこの先の骨の吸収が大きい場合は、外科的に延焼している部分を取り除き、根っこの先端を封鎖する処置を行う場合があります.


噛んで歯が痛い場合でも歯を抜かない歯科治療法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯を抜かない歯科治療のページ

 

また、歯を抜かない歯科治療法は通常保険外治療となります。そのため、治療前に無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。まずは無料カウンセリングにお越しください。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

歯を抜いてそのままにしては危険です。

1本の歯がないままであることは全体の歯に悪い影響をします。


歯を抜いたしまった場合、特に生活に困らないのでそのまま放置されている場合があります。

歯を抜いてしばらく放置してしまっている場合、あごの骨が吸収して細くなるという事をご存知でしょうか?

 

これは、使われなくなったあごの骨が退縮してしまった状態です.骨折をしてギブスを長期間使用している感じといったらイメージしやすいかもしれません.

 

また、あごの骨の吸収に関しましては、合わない入れ歯を入れているとあごの骨の吸収が早まります.これは、動く入れ歯の場合に特におきます.吸収がひどい場合は物を噛んであごの骨を骨折してしまう事もあります.

 

顎の骨が吸収して薄くなればなるほど入れ歯が合わなくなりますし,インプラントでしっかりと噛む事も難しくなります.そのため,歯が抜けてしまった場合,顎の骨にもしっかりと力が伝わるように、インプラントや、適合の良い入れ歯を入れる事をお勧めしております.

 

歯を抜いたら放置しない事をお勧めします.


歯のないところの治療に関しての詳しい内容は下記のリンクページに記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯の無い所の治療方法のページ


歯のないところの治療を希望される方に無料カウンセリングを行っております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

 

続きを読む 0 コメント

歯を抜いたままでそろそろ治療をしようとお考えの方へ格安インプラントのご紹介

歯を抜いたままにしていても特に生活に不都合なく暮らしていたけど、最近全体的にしっかりと噛めない噛み合わせになってきてしまった。ということはありませんか?

歯を抜いてそのままにしていると、噛み合わせが変わってきてしまって、強く噛んだ時にあたる場所が変わってきてしまうことがあります。


さらに放置しておくと、もっと歯が動いて歯並びも変わってしまうかもしれません。

全体的に歯並びが変わってしまうと治療にかかる時間も費用も治療内容の難しさも悪い方向に進みます。


そろそろ、歯のないところを直そうとお考えの方に、格安のインプラントをご紹介いたします。

インプラントは、この数年で材料費が格段に安くなっています。インプラントの相場はこの10年で確実に下がってきています。


当院では、インプラントの施述数が多いため、インプラントをまとめ買いで安く購入しているため、格安料金で提供させていただいております。(特にキャンペーン価格というわけではありません。)

すでに歯を抜いてしまっている方は、インプラント治療が周囲の歯にダメージを与えないのでお勧めだと思います。


インプラントは世界的に一般的な歯科治療となっております。

 

歯が無くなってしまうと噛む力を支える歯の本数が次第に少なくなってしまいます.インプラント治療は噛む力を顎で直接受け止めますので、残っている歯にかかる負担を減らして、残っている歯の健康を保つ助けになります.

 

また、インプラントの安全性は世界的に毎年何十万本ものインプラントが使用されている現状を考えていただくと、安全性が高いということがご理解いただけるかと思います。

 

入れ歯とちがいインプラントは歯茎ではなくあごの骨で噛む力を受けますので、ご自身の歯と同じようにお食事ができます。

 

つまり、インプラントは見た目にもよいのですが、何よりよいのが、自分のはと同じように咬めるし、味わえることだと思います。

 

インプラント治療に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.インプラントと治療にご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください.

 

インプラントのページ

 

歯を抜かない事は大切ですが,歯の炎症がとれないヒビがある場合や、歯周病で完全に歯の周囲の骨が無くなってしまっている場合など、歯を残す事で周囲の骨を吸収してしまうリスクが強くなるケースがありますので,そういう場合は、インプラントをお勧めしております。

 

また、ただいまインプラント治療を希望される方に対して無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングは御予約制となっておりますので、ご予約をお取りになってからご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03-3251-3921

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

歯がないまま放置していても良いのですか?

よくいただくご質問に、歯がなくても大丈夫ですか?というものがあります。

 

非常にお答えしにくいご質問です。大丈夫?は人によってちがうからです。

前歯が1本なくても大丈夫という方もいらっしゃいますし、奥歯がなくても全然よく噛めるので大丈夫とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

健康的な生活を送りたいとお考えの方である場合は、基本的には歯がなくなったら代わりになる歯を入れるようにお伝えしております。特に歯周病が進行している方は、1本がなくなった後継続的に歯を失ってしまうことが多いためです。歯がないまま放置してしまって、以下のような症状が出始めたら歯を入れることを真剣に考えられる方が良いと思います。

 

  • 歯がなくなってしまって以来他の部分の歯にも、ものが詰まりやすくなった
  • 歯並びが変わってきた。特に前歯が出てきた感じがする
  • 食事をする時に噛みにくい場所がいくつかある
  • 歯が揺れている
  • 野菜が取りにくくなった

 

1989年より8020運動というのを歯科では行っておりますのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。この運動の目的を1言でいうと、80歳で20本はが残っていない人は寿命が短くなるから20本残すようにしましょうという運動でした。歯がないと、噛んだり、飲み込んだり、話したりする能力が衰えてしまいます。そのため、野菜を食べなくなるなど栄養不足、誤嚥性肺炎、痴呆などの問題が起こりやすくなります。通常、永久歯は28本(親知らずが4本ある方は32本)あります。こういうことを言うと、それでは8本まで大丈夫なの?という方もいらっしゃいますが、8本はがなくなると9本目がなくなるのは時間の問題なので早い段階で歯が失われることを止めることが大切だとはお話をしております。

 

最初の1本歯が抜けた状態を放置して、2本目、3本目と悪くなってしまう方もいらっしゃいます。歯が失われてしまう流れは加速してしまいますので、早い段階に歯が喪失してしまう流れを止めることが重要になります。

 

歯が抜ける原因によっても早めに治した方が良い場合があります。

  • 歯周病で歯が抜けてしまった場合は早めに歯周病の治療、無い歯の部分の治療を行った方が良いでしょう。
  • 歯ぎしりで歯が折れて歯を抜いてしまった方は、ブリッジ治療よりインプラント治療で早めに歯の無い部分の治療をされる方が良いでしょう。最安値のインプラント治療もご参考になさったら良いと思います。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

前歯のインプラントは要注意です.

前歯にインプラント治療をされる方も多いのですが,前歯のインプラントで見た目の問題が起こってしまう事はご存知でしょうか?


前歯にインプラントを行う際には、顎の骨が厚く、歯茎も厚い事が必要だと私は考えております.インプラントの歯茎が下がってしまった場合は、歯茎を回復させる事が難しく、また、インプラントを打ち直す事も厳しいものになります.


そのため、インプラントを前歯に行う際には慎重に行うようにご説明させて頂いております.前歯の場合,噛み締めるわけではないので、ブリッジ治療でも持ちはいいでしょうし、前歯が1本ないくらいではインプラントをする事はあまりお勧めしません.

続きを読む 0 コメント