カテゴリ:虫歯



歯科治療 · 12日 4月 2021
神経のない歯の虫歯は大きくなりやすいってご存知ですか?
神経の無い歯は虫歯が進行しやすいってご存知でしょうか?
歯を抜かない治療 · 11日 4月 2021
差し歯が外れた
差し歯が外れた場合、通常歯の根っこに立っているコアと言う土台ごと外れてしまっている場合が多い用です。
歯科治療 · 09日 4月 2021
差し歯が外れた
差し歯が外れてしまた時に歯を抜くと言われる事があります。 差し歯が外れてしまった場合、歯の状況は意外に深刻かもしれません。 差し歯が外れた場合、単純に歯の部分のみが取れているのではなく、通常歯の根っこに立っているコアと言う土台ごと外れてしまっている場合が多いようです。
歯を抜かない治療 · 08日 4月 2021
差し歯の中が虫歯になってしまったけど残す方法
差し歯が外れて歯医者に行った場合に、虫歯だから抜くしか無いと言われてしまう事があります. 歯茎の内部まで虫歯が進行していても抜かずに残せる歯科治療法がありますので今回ご紹介いたします.
歯を抜かない治療 · 07日 4月 2021
歯を抜かない治療法
虫歯が深い場合でも歯を抜かずに済むかもしれません. 神経のない歯の差し歯が土台ごと取れてしまった場合,通常、歯の内部に虫歯が進行してしまっています.虫歯を取り除くと歯の多くの部分が無くなる場合が多く、歯を残せないと言われる事も多いようです. もちろん、すべてのケースで残せるわけではありませんが,骨に埋まっている部分の健康な歯の根っこの長さが十分ある場合は部分矯正法という方法で歯の根っこを引っ張り上げて歯を抜かずに保存する事ができる場合があります. この方法は保険診療の対象外の治療となりますので、どこの歯科医院でも行っているわけではありません。歯を抜くというお話が出た場合で歯を残したいというのであれば、部分矯正法が可能か確認されてはいかがでしょうか。
審美歯科 · 06日 4月 2021
ホワイトニング
歯を綺麗に見えるようにしたいのでしたら、まずはホワイトニングをされることをお勧めしいております。 人と対面で話す場合、歯の色のイメージの方が強く出ます。歯並びが良くて歯が黄色いより多少の歯並びが悪くても白い方が綺麗に見えると思います。
歯の痛み · 04日 4月 2021
通常、炎症が強い場合などに麻酔をする場合、麻酔が効きにくいため麻酔の量が多く使用する必要があります.それでも麻酔が効かない場合は、伝達麻酔と言う方法を使用します. 伝達麻酔はしびれている時間が長いなどのデメリットもありますが,痛みを取るためには有効な方法です。炎症がひどいので、奥の方にする麻酔をしますという説明になることもあります。
歯科治療 · 02日 4月 2021
根っこの炎症で歯を抜かないために
歯の根っこの先に炎症を起こして、骨がなくなってしまうと、歯を抜くと言われることがあります。 単純に歯の根っこ治療を行っても完全に消毒できない場合など、歯を抜く判断になってしまうことがあります。
歯科治療 · 01日 4月 2021
歯が知覚過敏になっていませんか? 歯の知覚過敏は通常一時的な現象です。長く続くようでしたら、単なる知覚過敏ではないかもしれません。虫歯が進行してしまって神経が過敏症となっている場合も知覚過敏が起こります。そのため、知覚過敏が続くようでしたら、歯医者で検診をされることをお勧めします。
歯科治療 · 31日 3月 2021
八重歯の歯茎の腫れ
八重歯は歯周病にかかりやすい事が知られています. 単に磨きにくいから歯茎が腫れてしまい歯周病になってしまうと言う事です.どうして磨きにくいのかというと、八重歯の裏側が隣の歯と重なってしまっていて歯ブラシが届かない部分になります.フロスなどでもよく磨けない場合も多いようです.

さらに表示する