ブログカテゴリ:虫歯



歯科治療 · 16日 7月 2019
歯並びと歯の清掃性
虫歯、歯周病の予防には重要度の高いところから進めて細かいところは最後にやるのが鉄則です。 歯ブラシをしない方はいないと思いますが、歯ブラシをしているのに虫歯や歯周病にかかってしまう方が多いのはなぜでしょう? 原因の一つに悪い歯ブラシの習慣が身についてしまっている場合があります
歯科治療 · 13日 7月 2019
神経の無い歯は虫歯が進行しやすいってご存知でしょうか? 患者様の中には歯の神経を抜いたら虫歯にならないとお考えの方がいらっしゃいます。実際は、虫歯にならないのではなく、虫歯になっても痛くないというだけで、むしろ虫歯にかかりやすいことが知られています。 神経の抜いた歯は、歯に穴があいていてもいたく無いため、虫歯を放置してしまう事も多いようです.歯に穴があるとその部分の歯磨きは出来ないために歯が酸性になって歯が溶けやすくなります.
歯科治療 · 10日 7月 2019
歯茎が下がる
歯茎が下がってしまったときの歯科治療に関してのご紹介です. 歯茎が下がるのは年齢のためだけではありません.歯ブラシの仕方や歯ぎしりの程度や歯周病の進行度や歯茎の遺伝的な厚みなどによって歯茎が下がりやすさが変わります. 歯茎が下がってしまった場合,放置して経過を見ていくか、歯ぐきの再生治療と言う方法で歯茎を回復させるかどちらかになります.
歯科治療 · 10日 7月 2019
歯の変色
歯の色が変わってきた方は歯の神経が死んでしまっているかもしれません。 注意が必要なのは、放置しておくと歯を抜くことになってしまうかもしれません。
歯科治療 · 08日 7月 2019
歯の表面の着色
歯が黒く変色してしまっている場合は虫歯かもしれませんよ。 歯が変色してしまった場合、確かに虫歯になってしまっている事もありますが,虫歯ではない事もあります. 例えば、歯についている渋などの着色は虫歯ではありません.奥歯が黒くなってしまうと虫歯かと心配される方もいらっしゃいますが,虫歯ではありません.歯ブラシだけでは落ちない暗いしっかりとこびりついてしまっている場合は歯科医院でクリーニングをされてください.歯に汚れがつきやすい方は定期的にクリーニングに歯科医院に通われる事をお勧めします.
歯科治療 · 07日 7月 2019
歯を抜いたままにしていても特に生活に不都合なく暮らしていたけど、最近全体的にしっかりと噛めない噛み合わせになってきてしまった。ということはありませんか? 歯を抜いてそのままにしていると、噛み合わせが変わってきてしまって、強く噛んだ時にあたる場所が変わってきてしまうことがあります。 さらに放置しておくと、もっと歯が動いて歯並びも変わってしまうかもしれません。 全体的に歯並びが変わってしまうと治療にかかる時間も費用も治療内容の難しさも悪い方向に進みます。
歯を抜かない治療 · 06日 7月 2019
差し歯の中が虫歯になってしまったけど残す方法
歯科では、差し歯が外れてしまって再治療を行う事ってよくあります. この時、差し歯の内部に虫歯が進行してしまっていると歯を抜いた方が良いという説明を受ける事があります.
歯を抜かない治療 · 05日 7月 2019
歯が割れている場合
何が何でも歯を残したいと言う方は別として、歯を抜いた方が身体に良い場合があります. もちろん基本的に歯を抜かない治療を行う方が良いのは変わりません.ただ、1本の歯を残すことで、周囲の歯が悪くなってしまう場合もありますので、お口の中全体でより多くの歯を残すことが大切だと思います。 ご存知の方も多いかと思いますが、8020運動という有名なキャンペーンがあります。この場合でも8本までなら抜けても何とか噛めるでしょうという話です。実際は、8本抜けてしまうとかむ力が弱くなってしまいます。ただ、1本の歯を何としてでも残すというより、お口の中全体に健康を維持することを優先することが大切だと思います。
歯科治療 · 04日 7月 2019
インプラントの土台
歯を抜いてしまった時の歯科治療のご紹介。歯と同じように噛めるインプラントのお値段は下がってきています。
歯の痛み · 02日 7月 2019
歯の痛みで眠れない、痛み止めが効かない! といったことがあります。その場で何をすればよいかわからない場合も多いでしょう。 痛み止めが効かない痛みが出てしまった場合は、なるべく早めに歯科医院に行くことをお勧めしますが、まずは横にならずに椅子に座ることが良い場合があります。血圧を下げて脈打つ痛みを落ちつがせることができるかもしれません。

さらに表示する