2回法インプラント治療


最近、インプラント治療が一般的に行われるようになってきました。しっかりと咬めることと、取り外しをしないで良いのが人気なのだと思います。インプラントの安全性が確立されたことも人気の原因でしょう。特に、2回法のインプラントは多くのケースで治療が可能になっています。(2回法インプラントが主流ですので、このページでは2回法のインプラントについてのご説明をいたします。)

 

しかし、通常の歯科治療とちがい、インプラントは体内に金属を埋め込みますので、インプラント治療に抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか?

わたしも、インプラント治療をしないでいいのであればしたくはありません。

どう考えてもインプラントにした方が患者さまの利益になる場合に限ってインプラントを使用したいと思います。

 

また、インプラントを成功させるために、まずは、歯周病の治療や糖尿病などの病気の治療を優先させるのは絶対に必要です。歯周病があるお口に中にインプラントを入れると、インプラントの寿命は短くなります。インプラント治療後にも歯周病を発生させないために定期的にメンテナンスに行く必要があるのはこのためです。

 

インプラントを行うことで、従来入れ歯が合わないような奥歯の治療が、シンプルに・安定的に行うことができるようになりました。これは、インプラントが骨と結合することでしっかりと噛む力を支えられることによります。


2回法のインプラントに関するブログ

前歯のインプラントの歯茎が下がってしまう事があります.

前歯のインプラント治療は慎重にした方が良い歯科治療の一つです.


インプラントの予後によっては、インプラントの金属が露出して見えてしまう場合があります.炎症を起こしてしまっている場合は特に歯茎が下がってしまって処置が非常に厳しいものとなります.


前歯のインプラント治療を行う場合はしっかりメンテナンスをする事も含めてご検討される事をお勧めいたします.

続きを読む 0 コメント

インプラントは2回法のインプラントが主流です.

ご存知でしょうか?格安の2回法インプラント。


インプラントの主流は2回法インプラントですが,格安のインプラントは1回法のお値段である事が多いようです.

続きを読む 0 コメント

歯を抜いて放置してしまった方の歯科治療

歯を抜いたまま放置しておりませんか?歯を抜いても痛みもないし治すのも面倒だし放置しておいても良いのではないかとお考えではないでしょうか。

 

歯を抜いたまま放置すると歯の移動がおきます。歯並びが変化しますので、スキッ歯や出っ歯など歯並びの悪くなる原因にもなります.

また、奥歯がほとんどない状態だと噛み合わせが変化して左右の歯並びがゆがんでしまいます。

 

放置している期間が長いと、噛み合わせが深くなってしまい、インプラントや、入れ歯が入らないこともよくあります。

 

そういった場合は、歯科治療の期間が長くなりますが、噛み合わせを直すための入れ歯を使用したり、歯の神経を抜いてのびてきた歯を元に戻したり、矯正治療を行ったり、歯茎を切って歯の長さを確保したり複雑な治療が必要となります。

 

ただし、どなたでも完全な治療ができるわけではなく、状態によっては治療が困難となる場合もあります.なるべく早めに治療を開始する方が、治療期間は短くてすみますので、お早めの治療をお勧めします。

 

無料カウンセリングを行っていますので、この機会にご来院されてはいかがでしょうか。

 

歯がない場合の歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.


歯のないところの歯科治療

 

特に歯周病が進行している方の場合、歯の移動が早くなります。歯の無いところに歯が移動します。歯が傾いたり、延びだしてしまったりします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

 

 

続きを読む 0 コメント

インプラント治療は2回法インプラントが主流です.

1回法インプラントと2回法インプラントがあります.


そして、1回法と2回法では料金がちがいます.2回法のインプラントが主流です.


インプラント治療と一概にいっても、いろいろなタイプのインプラントがあります.20年程前に成功率があまり高くなかった形態のインプラントや、折れやすい素材を使用したインプラントなど様々な種類のインプラントがありました.

 

近年、インプラントの安全性が高まりましたが、これは現在流通しているタイプのインプラントの形態、種類が確立してほとんどどのメーカーでも同じようなインプラントを作成しております.

 

特に、主流になっているインプラントは2回法インプラントというタイプのインプラントです.このタイプのインプラントは、インプラントの人工歯根という骨の中に入れる部分を一度歯茎の中に埋めて歯茎で覆います.歯茎の中で刺激を加えない状態として、骨とインプラントが結合するのを待ってから土台を立てて差し歯を入れます.

 

2回法のインプラントを行う事で安定した結果を出す事ができます.


2回法インプラントに関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

2回法インプラントのページ

続きを読む 0 コメント

2回法のインプラントが主流です.

インプラントと言っても1回法のタイプと2回法のタイプの2種類のインプラントがあります.

 

なぜこの2種類のちがいが重要かというと、お値段が異なるからです.


1回法のインプラントは安いのですが,適応となる症例が少なく、2回法のインプラントはどのようなケースでも使用が可能ですが、土台の料金だけお値段がかかります.

 

1回法と2回法インプラントについて簡単にご説明させて頂きます.歯を抜いた後インプラント治療を行いますが、骨の吸収などがある場合、通常いったんインプラントを骨の中に埋めた後、インプラントに負荷をかけずに骨としっかりとくっつくまで歯茎の中に埋めておきます。初期の段階でインプラントに揺れを与えるとインプラントと骨が結合しなくなるためです。2回法と1回法のインプラントのちがいは、インプラントが骨と結合するのを待っている期間に歯茎の中に完全に埋めておくか、歯茎から貫通して出ているかのちがいになります.

 

2回法インプラントは完全に歯茎の中にインプラントを埋めて歯茎で覆います.1回法のインプラントはインプラントの土台が歯茎を貫通した状態で治癒を待ちます。

 

 料金表示で気をつける必要があるのは、1回法のインプラントの料金か2回法の料金かはっきりと書いていない事が多いためです.多くの場合、2回法のインプラントを使用する必要があります。そのため、予想外に高い料金がかかってしまうと感じる事があります.2回法インプラントにかかる料金は3つの部分の料金の合計になります。つまり、インプラント部(人工歯根の部分)、アバットメント部(土台の部分)、上部構造部(人工の歯の部分)の料金の合計金額がインプラント治療にかかります。一部大学病院など料金設定がわかりにくい病院がありますので、注意が必要になります。


2回法インプラント最安値に関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください.


2回法インプラント最安値のページ

 

2回法インプラントを希望される方は、下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております。クリックしてご覧ください.

 

2回法インプラントのページ

 

また、インプラント治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングはご予約制となります。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120-25-1839

03−3251−3921

0 コメント