· 

前歯のインプラントの歯茎が下がってしまう事があります.

前歯のインプラント治療は慎重にした方が良い歯科治療の一つです.

 

インプラントの予後によっては、インプラントの金属が露出して見えてしまう場合があります.炎症を起こしてしまっている場合は特に歯茎が下がってしまって処置が非常に厳しいものとなります.

 

前歯のインプラント治療を行う場合はしっかりメンテナンスをする事も含めてご検討される事をお勧めいたします.


前歯のインプラントの歯茎が下がってしまった!

前歯のインプラントの歯茎が下がった
前歯のインプラントの歯茎が下がった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、インプラント治療を前歯にされた方の歯茎が下がってしまったのを回復したいというご相談を受ける事が増えました。特に前歯のインプラントの歯茎が下がってしまうと黒い部分が目立ちます。

 

インプラント周囲は天然の歯より血流量が少ないため,歯茎が下がりやすいという特徴があります。歯茎が下がりやすくなるため,歯ブラシでゴシゴシ磨いたりはしない事をお勧めします。

 

インプラントも天然の歯と同じで歯周病が進行してしまうと歯茎の回復が完全にできない事もあります。また、インプラント周囲の骨の吸収が大きい場合も歯ぐきの再生が難しい場合もあります.

 

インプラントの部分の歯茎が下がってしまった場合も歯茎の再生治療を行っております。状態によっては難しい場合もありますので、ご相談ください。

 

歯茎が下がったときの治療に関しましては下記のリンクページに詳しく記載しておりますので,ご興味のある方は、クリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がった時の治療のページ

 



~インプラントの歯茎の再生の注意~

 

インプラントの歯茎の再生は保険外診療となります。インプラントの種類などによって料金がかわります。連続する1~3本あたり10万円(税別)の料金となります。

 

また、場合によっては人工の皮膚を使用する必要があります。人工の皮膚代は別途かかります。

 

また、インプラントのアバットメント(土台)を交換する必要がある場合は、アバットメントの料金がかかる場合があります。カスタムアバットメントと言って、歯茎を圧迫しない形のアバットメントをオーダーで作成するため、7万円(税別)かかります。

 

リスクについて

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

 

また、インプラントの歯茎の再生の場合、歯茎の量が大きく損なわれてしまっている場合も多く、再度歯茎の移植を行う必要な場合もあります。その際には移植の料金は半額となります。