· 

歯茎の形と歯科治療について

歯茎が下がってしまったり、歯周病になって歯茎の位置が変わった場合に見た目を改善する場合,審美歯科治療で治すことがあります.


歯茎の形が悪いというお悩みにお答え出来る場合があります.


歯茎の形を審美歯科で整えたケース

部分矯正
部分矯正前

画面右の前歯から2番目の歯が虫歯を取って歯が長くなってしまったという事で来院されました.歯を抜きたくないという事で部分矯正法で虫歯の部分を歯茎の外に出します.

病院によってはこのような状態の歯でも抜く判断をする場合もあります.この方も歯を抜くしかないと言われてしまったという事で御相談にいらっしゃいました.

部分矯正
部分矯正治療中

部分矯正治療中の状態です.仮歯の後ろに部分的に歯を引っ張るゴムの装置がついています.この仮歯に入った装置で歯の根っこを引っ張り上げていきます。

 

見た目を気にせずに歯科治療を続ける事ができます.

 

また、歯周病が進行したと言うだけで歯を抜く事を勧められてしまう事がありますが,歯を抜かずにきれいに審美歯科治療をする事をお勧めしております.

 

下記のページに歯を抜かない治療方法のご紹介をさせて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯を抜かない治療法のページ

 

 

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、部分矯正治療は5万円(税別)かかります。

 

注意していただきたいのが、仮歯の形はどのような形でも作れるわけではありません。噛み合わせや歯茎の状態によってご希望の形が難しい場合もあります。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、神経のある歯の場合、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。