· 

差し歯の歯茎がやせて歯の根っこが露出してしまった場合の歯科治療

あなたの差し歯は大丈夫でしょうか?

 

差し歯の歯茎がやせて歯の根っこが露出してしまう事があります.場合によっては差し歯の交換をお早めにした方が良い場合もあります.差し歯の内部の虫歯が進行してしまうと歯が悪くなってしまいます.

 

ただ、歯茎がやせてしまったまま差し歯を治すと長い歯になってしまい見た目が悪くなってしまいます.こういった時にやせた歯茎を歯ぐきの再生治療で回復させる事は有効な歯科治療です.

 

差し歯の歯茎がやせてしまった場合の歯科治療


歯茎が下がった時の歯科治療
歯茎が下がった時の歯科治療

あなたの歯茎は下がっていませんか?

 

歯茎が下がった時の歯科治療をご存知ですか?歯茎がだんだんと削れてしまい、歯の長さが長くなってしまった場合にどうすれば回復するかをご存じない方も多いようです。

 

歯茎が下がると見た目が悪いという以上に、直接的には知覚過敏になりやすくなり、また、虫歯や歯周病になりやすくなるため、将来的な不安も出てきます。もちろん、歯茎が下がり続けると歯を抜くことになるケースもあります。

 

従来、多くの歯科医院では経過を見るという、何の問題解決にならない方法を選択してきましたし、現在でも多くの歯科院で今までと同じように経過を見ています。

 

経過を見るといっても何もしないわけですので、当然だんだん悪くなってしまいます。よく、抜けてしまうまでは抜かずに保存しましょうなどと言われるだけで、放置されてしまっています。

 

歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療という方法が存在します。下がった歯茎が回復するため、多くの問題が解決します。

下がった歯茎の歯科治療
下がった歯茎の歯科治療

上の写真の下がった歯茎を歯茎の再生治療で回復したケースです。差し歯の形も新しいオールセラミックで治しています。

 

通常の歯科医院では歯茎の再生治療を行っておりません。かかりつけの先生に聞いてもやってないということになります。当院では、歯茎の再生治療のみを行うという方もお越しいただいております。かかりつけの先生の気を悪くすることはありません。

 

当院では何百という歯茎の下がったケースを再生させておりますので、歯茎が下がって気になる方はご相談ください。歯茎が下がってしまったときの治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がってしまったときの治療ページ