歯をきれいに見せたいと考えている方の歯科治療

審美歯科治療について


審美歯科の治療は専門ページをご用意しております。

 

審美歯科専門ページ(青い部分をクリックしてください。)


自然な色の歯を取り戻した方の例

昔入れた歯が不自然で気になることはありませんか?

審美のセラミックはどんどん進化しています。

オールセラミックといわれる素材は天然の歯の特徴に合わせた透明感を出せるように開発されました。昔の差し歯は、不透明で、歯の輪郭がくっきりとしてしまい人工的な感じがしていました。

オールセラミックでは天然の歯以上に光沢や蛍光性がありご自身の歯がよみがえったというより、元の歯以上に理想的な白さになります。

歯ぐきの黒ずみも抑えられ、明るい歯ぐきに変化します。

 

 

審美治療では、こんな感じで白い歯を取り戻します。

セラミック治療前 メタルボンド 術前

 上の前歯6本の審美セラミック治療をご希望されて来院されました。

 

歯ぐきの黒ずみ、下の歯との色合いちがいを気にされて来院されました。

 

前歯3本には古いタイプのセラミック(メタルボンド)が入っていました。

金属が露出しているため、歯ぐきが黒く見え、また歯が不透明なために浮いた感じに見えます。

 

また、神経を抜いた前歯3本が、変色しています。

 

上の歯3本はオールセラミックでの治療をお勧めしました。また、歯の色が変色している神経のない歯3本は、歯を削らずに漂白して白くする方法(ウォーキングブリーチ法という方法)で漂白することをお勧めしました。

 

セラミックの歯 東京  術後 ジルコニアオールセラミック

古いタイプのさし歯が入っていた部分は、さし歯をはずして、土台を金属のものからファイバーの土台に交換し、オールセラミックを入れました。

 

また、全体的にはホームホワイトニングで白くしました。

 

自分の歯みたいになったと喜んでいただけました。 また、予定していた御予算の範囲で治療できて満足されました。

 

歯ぐきの黒ずみも見えなくなり、自然な感じの歯が入りました。

歯の色は治せるものなので、我慢して黄色い色の歯を入れておく必要はありません。

今回、審美治療の御予算は30万円でしたが、高いと考えて治さないか、歯は一生ものだし、他の審美歯科医院では70万円ほどかかるので安いと考えられるかは、ご自身の価値観でしょうから無理に治した方がいいとは言いません。

 

ただ、上の前歯によって他人が受け取るイメージが変わりますので、できるのであればしっかり治される方がいいと思います。

 

ウォーキングブリーチは神経が抜けて変色した歯を、削らずに漂白で白くする方法です。

 

 

審美の治療では歯の変色を改善するためにホワイトニングを行います。

セラミックをお作りする時は色の見本と一緒に写真をお撮りします.

色見本
色見本

セラミックをお作りする場合、歯の色に合わせた色の見本と一緒に写真をお撮りする事が重要です.周りの歯と色を調和させるようにセラミックをお作りします.


変色した前歯の治療例

変色した前歯
変色した前歯

前歯が変色してしまっている場合があります.テトラサイクリンなどのお薬を歯が作られている時期に飲むと変色する事が知られています.こういった変色はホワイトニングではそれほど白さを改善する事が期待できないため、審美歯科治療といってオールセラミックという新しい素材の差し歯を使用して歯をきれいに見えるようにしています.

変色した前歯の治療
変色した前歯の治療

治療後の状態です.目立つ前歯の6本をオールセラミックにて治療を行いました.歯並びも改善されてきれいに見えます.

自然な感じの色合いに
自然な感じの色合いに

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839


審美歯科関連のBlog

あなたの差し歯は歯茎が黒くて気になりませんか?

差し歯を入れた方の多くは、10年もすると歯茎の問題が起こっているようです.

 

歯茎が下がってくると歯の根っこが露出して見えてきます。歯の根っこは通常差し歯より黒いため、歯茎が黒くなったように見えます。歯茎が黒いと見た目に悪く、差し歯の感じが非常に強く見えるようになります。また、下がった歯茎に合わせて差し歯を作り直してしまうと長い差し歯ができてしまうという問題が出てきます。

 

差し歯を入れた歯茎が下がってしまって歯茎が黒くなってしまったときの歯科治療をご紹介いたします。

差し歯の歯茎が下がって黒く見える問題のケース

続きを読む 0 コメント

差し歯が古くなってみた目が悪くなってしまう場合

差し歯が古くなってしまってもそれほど見た目に変化があるわけではないのですが,古いセラミックはメタルボンドといって金属を使用したセラミックを使用しているため、古くなってしまうと歯茎の所が黒くなってしまったりしてみた目が悪くなってしまいます.新しいセラミックのオールセラミックに交換した方が見た目が良くなる場合もあります。


また、歯茎が下がってしまった場合,差し歯がそのままでも古い感じに見えてしまう事もあります.歯ぐきの再生治療などで歯茎を回復させる事で見た目も回復する場合もあります.

古くなってしまった差し歯のケース

続きを読む 0 コメント

歯茎を回復させる歯科治療

歯茎が下がってしまってどう対処すればよいかお困りの方も多くいらっしゃいます。


そんな時に、歯茎を回復させる歯科治療があることをご紹介いたします。

場合によっては、歯茎が下がってしまう事によって歯を抜かなくてはいけないこともありますので、歯茎を回復させることは歯を大切に使用するためには重要なことかもしれません。

歯茎を回復させる歯科治療例

続きを読む 0 コメント

歯科で使用する麻酔液は苦いです。

歯科治療で麻酔を行う時に嫌なことの一つに麻酔の液が漏れた時苦い味がすることがあります。麻酔の液は通常お口の中に漏れないように注意して行いますが、場合によっては喉の奥に苦い麻酔の液が流れてしまうことがあります。



歯科治療をする際どうしても局所麻酔は必要になります.お口の中の皮膚や歯の中の神経は他の身体の表面に比べて敏感なため,麻酔なしでは痛みで治療が出来ないと思います.

 

麻酔のお痛みは極力少なくなるように麻酔の工夫を行っておりますが,お痛みや、麻酔薬の味などが気になる方もいらっしゃいます.

 

今回は麻酔の味についてご説明いたします.

 

歯科で麻酔をする場合,皮膚の表面に塗る麻酔と皮膚の内部に入れる麻酔の2種類の麻酔薬を使用します.

 

皮膚の表面に塗る麻酔の味は、バナナやイチゴの味がするものが最近多いように感じます.苦くないように工夫されているようです。

 

ついで、皮膚の中に入れる麻酔の液の味ですが,これは味を加えるわけに行きませんので薬品の味そのままのものが感じられます.少し苦いです.麻酔を受けられる場合、あらかじめ苦いと思っていた方が良いかもしれません.

 

麻酔をする場合、この苦い麻酔の液がのどに入ってしまうことがあります。麻酔の液は苦いのでのどに入ると、はきそうになる方もいらっしゃいます。なるべく麻酔の液がのどに入らないようにしていますが、もし入ってしまったら手を挙げるなりしてお伝えください。動くと針を使用しているため危険です。


歯科治療を安全に受けていただくためにあらかじめ麻酔の味のイメージをしておいてください.少し苦くても全く問題ありませんのでご安心してください.緊張される方が体にはよくありません。麻酔はすごい苦いと思っているとそれほどでもないと感じられるかもしれません.アルコール成分の入ったうがい薬の味を想像しておいていただければだいたいそれくらいの感じかと思います.

 

歯科治療に関しまして詳しいページは別のページにご用意させて頂いております.か季のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯科治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

 

歯科治療メールお問い合わせ

続きを読む 0 コメント

歯の形は個性がでます。

歯科治療では、審美歯科という分野があります。審美歯科治療を行うことで、虫歯などで神経を抜いた歯を天然の歯のようにきれいな差し歯をお作りすることができます。

 

審美歯科と言っても真っ白な歯を希望される方ばかりではなく、なるべく自然な見た目にしたいと希望される方も多いため、自然な感じの歯の色でセラミックを作成することもあります。

 

自然な感じの歯の色を希望される方には、歯の色は肌の色より少し白く白めの色ほど白くない程度が良いのではないかとご提案させていただいております。もちろんお好みの色で治療されると良いのですが、顔の中で歯が主張しない色が良いのでしたら、肌の色を意識されて判断されると良いと考えております。

力強い感じの歯の形
力強い感じの歯の形
続きを読む 0 コメント

古い差し歯はオールセラミックという素材を使用することでより綺麗に見えるようになります。

差し歯の見た美を気にされている方はオールセラミックで改善されるかもしれません.

 

従来の差し歯の見た美に不満を感じている方は、自然な感じや歯茎の色などを気にされているのではないでしょうか?

 

もちろん,オールセラミック治療を行う事で改善できる事と出来ない事がありますが,オールセラミックは従来の差し歯の問題点の多くを解消する事が出来る素材です.

 

歯をきれいに見せたいとお考えの方のための治療に、審美歯科治療と言う方法があります。従来の差し歯では不自然でご満足いただけない場合に新しい差し歯のオールセラミックが有効な場合があります.

 

審美歯科治療では、近年オールセラミックと言う天然の歯に近い透明感を持った差し歯を使用する事が増えてきました。オールセラミックで治療をする事でより白くきれいに歯の並びなどの改善もも合わせて行う事が可能になります。

 

従来の差し歯が天然光を当てると不自然に見えてしまう事が多かったのですが,これは従来の差し歯が金属を使用しているため不透明感があったため、天然の歯との色の透明感のちがいが強く出てしまうためです。オールセラミックにする事で、天然光の元でも天然の歯に近い見た目とする事が可能になりました。


続きを読む 0 コメント

差し歯の歯茎がやせて歯の根っこが露出してしまった場合の歯科治療

あなたの差し歯は大丈夫でしょうか?


差し歯の歯茎がやせて歯の根っこが露出してしまう事があります.場合によっては差し歯の交換をお早めにした方が良い場合もあります.差し歯の内部の虫歯が進行してしまうと歯が悪くなってしまいます.


ただ、歯茎がやせてしまったまま差し歯を治すと長い歯になってしまい見た目が悪くなってしまいます.こういった時にやせた歯茎を歯ぐきの再生治療で回復させる事は有効な歯科治療です.

差し歯の歯茎がやせてしまった場合の歯科治療

続きを読む 0 コメント

歯並びや歯の形ををきれいに治す歯科治療法

あなたは前歯の大きさが少し大きいのをなんとかしたいとか、歯のねじれが気になるとか行った事で悩んだ事がありませんか?


鏡の前で笑うたびに歯並びや歯の形が気になってしまう場合は、早く治してしまった方が良いかもしれません.


審美歯科では歯並びや歯の色・形をきれいに見せる事が可能です。

 

審美歯科治療のご紹介をいたします.

審美歯科治療例

続きを読む 0 コメント

白い矯正装置のご紹介 目立ちにくい矯正装置で歯並びを治します。

歯並びが悪いとが原因で、虫歯や歯周病になってしまうことがあります。これは、歯が重なってしまっているところのお掃除ができないから汚れがたまってしまうのが原因です。

 

矯正治療は歯並びの改善の方法の一つです。

白い矯正装置
白い矯正装置

矯正治療をしたいと考えている方には朗報でしょうか?

 

歯並びを治したいけど矯正装置の見た目とお値段が治療の壁となっているのかもしれません。今回は矯正装置の見た目についてのご紹介です。

 

まだご存じない方も多いのではないでしょうか?矯正装置と言えば金属のギラギラした装置を思い浮かべてしまう方も多いようです.この20年で矯正装置もいろいろなものが出てきて、従来のように金属でなくても強度のある白い見た目の矯正装置なども開発されています。

 

矯正治療は治療期間が長いので、最近では矯正期間中の抵抗を減らすために審美的な装置が多数発売されています.

 

全く見えないようにしたい場合はマウスピース矯正や裏側矯正となりますが,通常の矯正治療を目立たなくしたい場合はお写真のように透明な装置を歯に貼付ける方法があります.審美装置と呼んでいます.

 

ワイヤーも白くする事で目立ちにくい状態で矯正治療を行えますので好評です.

 

審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

審美歯科治療のページ

続きを読む 0 コメント

歯科治療ブログ ホームホワイトニングについて

あなたは安い価格ならホームホワイトニングをやってみたいと思いますか?たとえば上下で1万円ほどでホームホワイトニングとか。


歯の変色の原因は加齢、飲食物、嗜好品、外傷、発育期の抗生物質(テトラサイクリン等)の 服用による副作用など様々です。 また、天然の歯にない色まで白くしたい方は正常な歯の色でも黄色く感じる場合もあります。


最初に生えてきた時点で色が濃い場合もあります。
歯の色を変えるためにはかぶせ物を作製する方法もありますが、 その為には歯を削らなくてはなりません。


ホームホワイトニングはご家庭で1日最長8時間、マウスピースを装着することにより、 削らないで歯を白くする方法です。  


通常は数日後に効果が現れ始めます。
個人差はありますが、2週間程ではっきりした効果が現れることが多いです。

 

ホワイトニングに関しては、ホームホワイトニング以外にもオフィスホワイトニングという歯科診療所で行うホワイトニングや、神経のない歯のホワイトニングであるウォーキングブリーチ法などがあります。

 

ホワイトニングの後戻りに関しては個人差がありますが、通常2年に1回ほどホワイトニングのメンテナンスを行うと白さを保てます。メンテナンス時のホワイトニングは、初回に行ったホワイトニングより少ない量のホワイトニング材で白さを取り戻せます。


審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

審美歯科のページ

 

歯がしみてしまう方はホワイトニングを継続することをお勧めしておりません。症状が落ち着くのを待ってから再度行うことをお勧めしております。歯がしみてしまっているのに無理して継続すると症状が悪化してしまうことがあります。


審美歯科治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120-25-1839

とりあえず上の歯は白くしたいという場合は、下の歯の色を参考にせずに色を白くしてもそれほど目立ちません。

後からホワイトニングを行っても、下の歯が上の歯と同じ色にはならないのですが、下の歯はそれほど目立たないため、綺麗な前歯の見えるでしょう。

続きを読む 0 コメント