歯周病の予防

歯周病の予防は虫歯の予防と少し違います。

歯茎の中に入ってしまった歯石と細菌を定期的に取り除いて、歯周病菌が、歯茎の中に入り込まないようにします。

 

通常歯周病の方の場合は歯周ポケットと言って歯と歯茎の間に隙間があり、その隙間の中に細菌が増殖する事が問題になります。

 

歯周病の予防は歯周ポケット内の細菌の増殖を抑える事が大切になります。通常の歯ブラシでは歯周ポケット内の清掃を行えないため,定期的に歯科医院に通う必要があります。信頼できる歯科医院をかかりつけにされると良いでしょう。


歯周病予防に関するブログ

歯のヒビは状態を確認します.

歯にひびが入ってしまう事があります.特に神経を抜いた歯に金属の土台を入れたケースでは、歯が折れやすい事が知られています.

 

ただ、ひびが入ったり折れたりしても歯を抜かずに残せるケースも多いので、しっかりと状態を確認する事を勧めしております.

続きを読む

知覚過敏を歯科医院で治す場合の歯科治療

水がしみる。

 

通常、普段は痛く無かったのに、飲み物程度でしみてしまうと心配になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

もしあなたが知覚過敏でお困りの場合、歯科医院に行く前に市販の知覚過敏専用の歯磨き粉を使用してみてください。あるいは歯磨き粉を使用しないで歯を磨いてください。多くの場合は、それだけで知覚過敏が1週間ほどで治ると報告されています。

 

知覚過敏専用の歯磨き粉の多くは研磨剤が入っていないので、知覚過敏専門のものを使用していただいても良いと思います。

 

それでも治らない場合は、歯科医院に行かれると良いと思います。知覚過敏の原因が虫歯や歯のヒビである場合もありますので、単にしみるからというだけで甘く見ない方が良い場合もあります。

続きを読む

歯を抜きたくない場合の骨の再生治療

歯を抜くあるいは抜けてしまう原因で今一番多いのが歯周病によるものです.

 

歯周病にかかって歯の周囲を支える骨が無くなってしまうと歯が揺れてしまい、歯茎の内部に細菌が侵入してしまって炎症が歯茎の内部深くでおこります.歯の周囲の骨のほとんどが吸収してしまった場合は歯を抜かなくては行けない場合もあります.

続きを読む

若くても歯茎は下がります.そのままでいいでしょうか?

若いうちに歯茎が下がってしまう事があります.

 

そのままの歯茎で後60年放置しておいたら、どんだけ下がってしまうのでしょうか?歯に良くないのは何となくわかるかと思いますが,治す方法もわからないと言う方が多いのが現状でしょう。

 

歯茎が下がってしまったときは歯ぐきの再生治療が有効です.

 

いつまでも下がったままの歯茎を放置しておくと歯周病が進行してしまうかもしれません。歯茎が下がってしまったときは歯ぐきの再生治療をお勧めしております。

 

(歯ぐきの再生治療は残念ながら保険外治療となります.ただ、そのまま、歯が悪くなってしまうのを止める事が出来ると考えると高い費用ではないかと思います.)

続きを読む

歯科治療ブログ 歯周病の痛みが出る場合

歯周病で歯が痛い場合は歯を抜くまでの事態になっていないことが多いのですが、かなり進行した歯周病になってしまっていると考えられます。

 

歯茎の中に大きな黒い歯石の塊がある事があります。細菌が歯石の周囲にウヨウヨと増殖してしまいますので、歯周ポケットが4ミリ以上の場合は歯茎の中の歯石の確認をして必要なら取り除くことを勧めております。

続きを読む