歯科治療 · 16日 12月 2017
歯茎を回復させる歯科治療
歯茎が下がってしまってどう対処すればよいかお困りの方も多くいらっしゃいます。 そんな時に、歯茎を回復させる歯科治療があることをご紹介いたします。
15日 12月 2017
神経の無い歯は虫歯が進行しやすいってご存知でしょうか?
14日 12月 2017
単なる虫歯と思っていても甘く見ては痛い目にあってしまうかもしれません. 虫歯があると言われても放置している場合,まれに眠れないくらいに痛みが出てしまう事があります.こういった場合には市販の痛み止めを飲んでも痛みが引かない事が多いようです....
13日 12月 2017
差し歯が土台ごとはずれてしまった場合歯を抜くと言われる事が多いようです.最近なんとか歯を残すよりインプラントの方が長持ちしますという説明が増えて来ているようです. インプラントを勧めるのは、考え方なのでしょうか、商売的な事なのでしょうか?基本的に歯を残して使える状態でしたら、なるべく抜かずに残して使う事が良いと思います....
12日 12月 2017
歯科治療で麻酔を行う時に嫌なことの一つに麻酔の液が漏れた時苦い味がすることがあります。麻酔の液は通常お口の中に漏れないように注意して行いますが、場合によっては喉の奥に苦い麻酔の液が流れてしまうことがあります。...
11日 12月 2017
通常、炎症が強い場合などに麻酔をする場合、麻酔が効きにくいため麻酔の量が多く使用する必要があります.それでも麻酔が効かない場合は、伝達麻酔と言う方法を使用します. 伝達麻酔はしびれている時間が長いなどのデメリットもありますが,痛みを取るためには有効な方法です。炎症がひどいので、奥の方にする麻酔をしますという説明になることもあります。
09日 12月 2017
歯茎が下がって歯の根っこが露出しています.
あなたの歯茎は丈夫な方ですか? 前歯の歯茎は通常1ミリほどの厚さですが、人によっては透けて見えるくらい薄くて弱い歯茎の方もいらっしゃいます。薄くて弱い歯茎の方は、歯茎が下がってしまう可能性が高くなります。
08日 12月 2017
歯茎が下がってしまった方の歯科治療
歯茎が下がってしまう要因の一つに噛み合せの問題があります.歯茎が下がってしまってから噛み合わせを改善しても歯茎が回復する事はありません。 歯茎が下がってしまった場合、歯茎を回復させる歯科治療があります. 歯茎が下がってしまってお困りの方はご参考になさってください.
07日 12月 2017
差し歯の中が虫歯になってしまったけど残す方法
差し歯が外れて歯医者に行った場合に、虫歯だから抜くしか無いと言われてしまう事があります. 歯茎の内部まで虫歯が進行していても抜かずに残せる歯科治療法がありますので今回ご紹介いたします.
06日 12月 2017
歯の痛みに耐えられない場合は、神経の痛みかもしれません. 我慢できないような激痛の場合、歯が折れたりしてしまっていたり、虫歯の穴が大きくなってしまってきていたりしてしまっているかもしれません。...

さらに表示する