19日 10月 2017
前歯が出ている事を気になさっている方の治療例になります. この例では骨格的にあまり大きく出っ歯になっているわけではなく、歯の角度が前に傾いてしまっている場合に、短期間に歯の見え方を修正する方法です.歯の角度を内側にして出っ歯な感じを改善します。...
18日 10月 2017
Doc's Bestセメントという言葉はご存知ですか? Doc's Bestセメントは歯に使用するセメントです。なぜそんなに特別かというと、虫歯が深い場合にこのセメントをつめておくだけで虫歯菌がいなくなるからです。このセメントに含まれている銅イオンの効果によって虫歯菌がいなくなるようです。...
17日 10月 2017
口内炎と言ってお口の中の粘膜や唇や舌の一部が数ミリの円状に皮膚がはがれ炎症を起こしてしまうことがあります。歯科治療に関連する口内炎としては、粘膜をかんでしまった時や矯正治療の装置が当たった時にできてしまうことがあります。...
16日 10月 2017
なぜ虫歯になるのでしょうか? 虫歯の治療を受けたことのある人は多くてもなぜ虫歯になるのかを知っている人は意外と少ない気がします。 ①食べ物を食べると、虫歯菌が食べ物の糖分から酸を作り   出します。 ②そしてその酸が歯の成分を溶かし出します(脱灰) ③しばらくすると唾液の作用で口腔内の酸が中和されて...
15日 10月 2017
基本的に、保険治療は痛みを取り食事ができるようにするための治療には適応されますが、審美的なものに対しては適応しないという規定があります。保険治療に関しては、最低限の見た目や機能の回復をサポートするための治療という位置づけとなります。よりこだわった治療を希望される方は保険外治療を選択することになります。...
14日 10月 2017
拡大してみることは重要になります。
歯科治療ではお口の中の暗い部分をライト一つで確認してきた時代がありました。 今では、拡大鏡とLEDのスポットを照らすライトを使用することで、歯の細部まで拡大して見ることができるようになりました。...
13日 10月 2017
歯テレビなどで外科の先生がオペの時に拡大鏡を使用しているのを見た事がある方もいらっしゃると思いますが,歯科治療は身体の多くの部分より細かい部分を見る必要がある場合が多いため,拡大鏡を使用しております.
12日 10月 2017
超音波の歯石取り
あなたの歯周病がなかなか治らない場合、その原因は頑固な歯石が残っているのかもしれません。 今回はそんな頑固にこびりついた歯石を取る超音波装置のご紹介です.
11日 10月 2017
歯周病
歯周病が重度に進行してしまうと、治療が困難になってしまいます.歯が揺れてしまうし、骨の完全な再生は期待できなくなってしまいます. 歯周病の治療は進行が始まらないのがもちろんベストですが,進行して骨の吸収が始まった段階でそれ以上の骨の吸収を止めて骨の再生が出来れば良い状態になっていると言えます。
10日 10月 2017
歯に入れた詰め物が取れてしまったという方、何年も放置していませんか?...

さらに表示する