歯科治療 · 20日 11月 2018
あなたは、もしかして歯科医院で歯を抜くと言われてしまい、抜かなくて済む治療法を探されていますか? 歯を抜くか抜かないかは病院によって基準があります。また、歯を残すための治療法は特殊な治療法も多いため、病院によって行っていない場合もあります。治療法の確認もされると良いと思います。 歯科院に行くときは基本的に嫌なことが多いのでしょうが、歯を抜かなくてはいけないと言われた時が一番ショックかもしれません。歯があるものとして生活していると歯のありがたみというか、歯の価値を考えることはありませんが、いざ歯を抜くと言われたときは歯の価値を感じる瞬間でもあります。
歯科治療 · 20日 11月 2018
歯ぐきが下がったときの歯科治療
歯茎が下がってしまって歯が長くなる方が年々増えています。特に前歯が長くなってしまうと見た目も悪くなってしまいます。 歯茎が下がって長くなってしまった歯を短くする歯科治療をご存知でしょうか? 歯茎の再生治療と言っておりますが、あまり知られていない歯科治療法です
歯科治療 · 19日 11月 2018
歯茎を回復させる歯科治療
歯茎が下がってしまってどう対処すればよいかお困りの方も多くいらっしゃいます。 そんな時に、歯茎を回復させる歯科治療があることをご紹介いたします。
歯を抜かない治療 · 19日 11月 2018
深い虫歯
大人の虫歯はかなり大きくなっても痛くない場合が多いので、見つかった時には手遅れになってしまうこともあります。 虫歯が歯茎の仲間で進行してしまった場合はなかなか残すのが難しくなります.このケースでは冠の適合が悪く歯茎の境界から虫歯が進行してしまい歯の根っこの深くまで穴があいてしまっています。歯の根っこの半分は抜かざる得ない状況です。
歯科治療 · 17日 11月 2018
拡大鏡 歯科治療
歯テレビなどで外科の先生がオペの時に拡大鏡を使用しているのを見た事がある方もいらっしゃると思いますが,歯科治療は身体の多くの部分より細かい部分を見る必要がある場合が多いため,拡大鏡を使用しております.
歯科治療 · 17日 11月 2018
歯周病が進行してしまって、処置ができないので抜くまで使いましょうと歯医者で説明される場合、歯周病で骨が吸収しています。  ただ、病院によっては、骨を回復させる骨の再生治療を行っていないために歯を抜くという判断をしているかもしれません。骨の再生治療で残すことができる場合があります。
歯科治療 · 16日 11月 2018
なぜ虫歯になるのでしょうか? 虫歯の治療を受けたことのある人は多くてもなぜ虫歯になるのかを知っている人は意外と少ない気がします。 ①食べ物を食べると、虫歯菌が食べ物の糖分から酸を作り   出します。 ②そしてその酸が歯の成分を溶かし出します(脱灰) ③しばらくすると唾液の作用で口腔内の酸が中和されて  カルシウムやリン酸イオンが歯に戻ります(再石灰化)
歯を抜かない治療 · 16日 11月 2018
歯周病
歯周病が進行すると歯の周囲を支える骨が吸収します。骨がなくなってしまうと歯と歯茎の間に隙間が出来てしまい、歯周病が進行しやすくなります。 そのため、骨が吸収してしまった場合は骨を再生させる治療を行う事をお勧めしております。
歯科治療 · 14日 11月 2018
歯科治療では歯周病治療を行うために歯に付着した歯石をお取りします。歯周病の治療のための歯石とりは、細菌を除去するために必要な治療となります。 歯科治療では歯石を取るために超音波の装置を使って歯石を取ります。超音波を使用する事で強固にこびりついた歯石を歯にダメージを少なく取り除く事ができます.歯茎の内部の歯の根っこに付着した歯石は一部歯の根っこに入り込んでしまう事が知られています。こう言ったこびりついた歯石をしっかりと取るために超音波の装置は有効です。 超音波スケーラーでは、歯石を取ると同時に消毒液が出て歯の根っこにかけますので、歯周ポケット内の細菌の除去にも有効です。
歯を抜かない治療 · 14日 11月 2018
神経が死んでしまった前歯
歯の神経が死んでしまって、歯が褐色に変色している場合、炎症が起きているから歯を抜くと言われてしまう場合があります.歯を抜いてしまったら元には戻りませんのでしっかりとお考えの上で歯を抜くようにしてください.

さらに表示する