審美歯科 · 05日 4月 2020
下がった歯ぐきに合わせてセラミックを入れたケース
差し歯を入れた方の多くは、10年もすると歯茎の問題が起こっているようです. 歯茎が下がってくると歯の根っこが露出して見えてきます。歯の根っこは通常差し歯より黒いため、歯茎が黒くなったように見えます。歯茎が黒いと見た目に悪く、差し歯の感じが非常に強く見えるようになります。
歯科治療 · 04日 4月 2020
昔の虫歯の治療では、詰め物が取れなくするため、広範囲で歯を削って歯に引っかかりを作っていました。 現在では、虫歯の削る範囲を最小限にすることが可能になってきています。 というのは、歯に強固にくっつく接着剤の開発が盛んに行われており、詰め物がかなり強固に歯に接着するようになってきているためです。
審美歯科 · 03日 4月 2020
歯をきれいに見せる
あなたは前歯の大きさが少し大きいのをなんとかしたいとか、歯のねじれが気になるとか行った事で悩んだ事がありませんか? 鏡の前で笑うたびに歯並びや歯の形が気になってしまう場合は、早く治してしまった方が良いかもしれません. 審美歯科では歯並びや歯の色・形をきれいに見せる事が可能です。 審美歯科治療のご紹介をいたします.
歯を抜かない治療 · 02日 4月 2020
抜かないでよいなら歯を抜きたくないという方が大半だと思います。抜いてインプラントを入れたほうが良いというのは基本的に無いです。 歯を極力抜かずに済む歯科治療もあります。 ただ、こんな歯は抜いた方が良いというケースもあります。
審美歯科 · 01日 4月 2020
差し歯の見た美を気にされている方はオールセラミックで改善されるかもしれません.
歯科治療 · 31日 3月 2020
歯の治療の結果として痛みが出る場合があります. 神経に近い慢性的な虫歯を治療した場合の重いような痛み 根っこの中の消毒を行った場合に先端に感じる脈打つような痛み 矯正治療後のワイヤーがあたる場合の歯茎に刺さる痛み 仮歯が外れた場合のしみるような痛み 外科処置後の痛み
歯の痛み · 30日 3月 2020
歯科治療をしたいけど、痛みが気になって治療を始めれないという方には朗報です。 麻酔の緊張の一つに痛みがあると思います。 麻酔の痛みを軽減させる方法として,注射の針を細くする、麻酔の液をゆっくり入れる、麻酔の液を温める、麻酔の注射の前に塗るタイプの麻酔を皮膚に塗るといった方法があります.基本的にこのすべてのことを行います.
歯科治療 · 30日 3月 2020
歯がぼろぼろ
虫歯でボロボロでもなるべく歯を抜かないようにする事をお勧めします. 特に若い方は歯を抜いてインプラントを行ってもインプラントを将来的に交換する必要があるかもしれませんし、なるべく歯を残す歯科治療を行う事をお勧めしております. ただ、歯を残せる場合と残せない場合もありますので、しっかりと検査をした上で歯科治療の治療計画を考える必要があるかと思います.
歯科治療 · 28日 3月 2020
歯がしみる
歯茎が下がってしまって知覚過敏が起こる場合があります。 こういった場合に知覚過敏の症状だけを改善させることも必要ですが、知覚過敏の原因となる下がった歯茎を回復させる治療も有効です。
歯科治療 · 27日 3月 2020
急速矯正法は、近年一般的になりつつある矯正治療法です。 特に成人の方の場合、歯の移動が遅いため矯正期間が延びてしまい、歯や歯周組織に問題が起こってしまうこともしばしばあります。 急速矯正法は矯正の期間の常識を変える一つの方法として紹介されております。 メリットデメリットをご検討される価値はありますので、ご紹介いたします。

さらに表示する