· 

歯周病では骨や歯茎が吸収する問題を解決する必要があります.

歯周病が進行してしまうと、歯の周囲を支える顎の骨や歯茎が下がってしまいます.歯周病を安定させるには歯周病の菌が増殖しなければ良いのですが,下がってしまった骨や歯茎は歯周病の菌がいなくなっても回復しません.

 

歯周病が進行してしまったときの歯科治療ですが,今回は特に歯茎が下がってしまったときの歯科治療をご紹介いたします.


歯茎が下がってしまったときの歯科治療について

歯茎が下がってしまうという問題が起こることがしばしばおこります。

歯茎が下がってしまったまま放置をしてしまうとどうなるのでしょうか。

 

歯茎が下がったまま放置してしまった場合、ある日この歯は残せませんので抜きましょうといわれる日が来てしまいます。歯茎が下がって自然に回復することはありません。徐々に下がっていきあるところで歯周病が急速に進行して歯の周囲の骨が完全になくなると歯を抜くしかなくなります。

 

歯茎が下がってある程度初期の段階に歯茎を回復させることで、歯周病の進行を止めることが可能になります。歯茎の退縮を回復させることで今後の歯茎の退縮を起こしにくくすることができます。歯の健康を守るために歯茎の再生治療をお勧めしております。

歯周病で下がった歯茎
歯周病で下がった歯茎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯周病で歯茎が下がってしまう事がありますが、このまま下がり続ける事になると結局歯を抜かなくては行けなくなる事もあります

歯茎が下がり始めたら早めに歯茎の再生治療をされる事をお勧めしています。

歯茎の再生治療後
歯茎の再生治療後

歯茎が下がってしまった部分を歯茎の再生治療で回復させています。

前歯の差し歯も適合が悪かったためお作り直しをしております。


歯茎が下がってしまった場合の治療に関しては下記のリンクページに詳しい内容を記載しております.クリックしてご覧ください.

 

歯周病で歯茎が下がってしまった場合の治療の詳しいページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。