ブログカテゴリ:歯科治療



歯科治療 · 23日 3月 2019
なぜ虫歯になるのでしょうか? 虫歯の治療を受けたことのある人は多くてもなぜ虫歯になるのかを知っている人は意外と少ない気がします。 ①食べ物を食べると、虫歯菌が食べ物の糖分から酸を作り   出します。 ②そしてその酸が歯の成分を溶かし出します(脱灰) ③しばらくすると唾液の作用で口腔内の酸が中和されて  カルシウムやリン酸イオンが歯に戻ります(再石灰化)
歯を抜かない治療 · 22日 3月 2019
歯周病
歯周病が進行すると歯の周囲を支える骨が吸収します。骨がなくなってしまうと歯と歯茎の間に隙間が出来てしまい、歯周病が進行しやすくなります。 そのため、骨が吸収してしまった場合は骨を再生させる治療を行う事をお勧めしております。
歯科治療 · 20日 3月 2019
歯科治療では歯周病治療を行うために歯に付着した歯石をお取りします。歯周病の治療のための歯石とりは、細菌を除去するために必要な治療となります。 歯科治療では歯石を取るために超音波の装置を使って歯石を取ります。超音波を使用する事で強固にこびりついた歯石を歯にダメージを少なく取り除く事ができます.歯茎の内部の歯の根っこに付着した歯石は一部歯の根っこに入り込んでしまう事が知られています。こう言ったこびりついた歯石をしっかりと取るために超音波の装置は有効です。 超音波スケーラーでは、歯石を取ると同時に消毒液が出て歯の根っこにかけますので、歯周ポケット内の細菌の除去にも有効です。
歯を抜かない治療 · 18日 3月 2019
神経が死んでしまった前歯
歯の神経が死んでしまって、歯が褐色に変色している場合、炎症が起きているから歯を抜くと言われてしまう場合があります.歯を抜いてしまったら元には戻りませんのでしっかりとお考えの上で歯を抜くようにしてください.
歯科治療 · 16日 3月 2019
噛んだ時に歯が痛いと言う場合の歯科治療に関してのご説明です. 噛んだときの歯の痛みの原因を挙げると 歯の根っこの先に炎症がおこって膿がたまってしまっている場合 歯にひびが入ってしまったり折れている場合 くいしばりや噛み締めによって歯が強く当たっている場合 噛み合わせが部分的に強く当たってしまっている場合 などが考えられます. 原因に合わせた治療が必要です。 咬んだ時に歯が痛い場合は、通常の虫歯治療より問題が大きい場合が多いのが特徴です.
歯を抜かない治療 · 15日 3月 2019
最近インプラント治療が一般的になって、歯を抜く事に抵抗が無い歯科医院が増えて来ている感じがします.歯の状態が悪いからすぐに抜くと言うのはあまりお勧めできません.しっかりと歯を抜いた方が良いのかどうか説明を受けられた方が良いと思います.場合によってはセカンドオピニオンに確認される事も大切だと思います.
歯科治療 · 14日 3月 2019
歯の治療の結果として治療後に痛みが出る場合があります. 神経に近い慢性的な虫歯を治療した場合の重いような痛み 根っこの中の消毒を行った場合に先端に感じる脈打つような痛み 矯正治療後のワイヤーがあたる場合の歯茎に刺さる痛み 仮歯が外れた場合のしみるような痛み 外科処置後の痛み などの痛みが出る場合があります.
審美歯科 · 13日 3月 2019
歯の表面が変色している場合は、まずはしっかりと歯を観察します。歯の変色の原因を確認してください. 穴があいてないか、 歯の変色が内部の方からの色なのか、 表面に渋がついているのか、 歯が生えて来た段階で歯が変色していたのか時間とともに変色したか そして、診断の後に治療の方法をお伝えします. 例えば、穴があいている場合は虫歯治療になります.また、内部からの変色は根の中の消毒が必要になります.歯の表面の渋はクリーニングで落とします.
歯科治療 · 12日 3月 2019
お忙しい方が多いので、歯ブラシの方法は虫歯になりやすいところを優先的に磨くことをお勧めしています。 まずは、歯と歯の間です。特に歯並びの悪い箇所がある場合は、はずはそこから歯ブラシを開始してください。そして、少し柔らかめの歯ブラシで歯と歯の間に押し込むようにして歯ブラシを振動させるように磨いてください。 次に、咬む面を忘れずにこすってください。この部分も虫歯になりやすい部分です。 歯ぐきが下がってしまった箇所や歯ぐきと歯の付け根の部分も要注意です。歯ぐきを傷つけないよう丁寧に磨いてください。この部分も虫歯になりやすいので、気をつけてください。
歯科治療 · 10日 3月 2019
歯科治療では、神経を抜いた歯の根っこの先に炎症のため骨が吸収してしまうケースがあります。根尖病巣と言っています。 歯科医院で、根尖病巣が大きいために歯を抜くと言われる場合があります。通常の根っこの治療では治らないケースと思われる場合にはを抜くと判断されるようです。ただ、歯の根っこの炎症の状態が悪いからといって、すぐに歯を抜いてしまうのは良くないと思います。歯を抜くのは色々な処置をしてどうしても残せない場合に考える選択肢だと思います。

さらに表示する