歯科治療

歯科治療 · 29日 1月 2020
歯茎が下がって歯の根っこが露出しています.
あなたの歯茎は丈夫な方ですか? 前歯の歯茎は通常1ミリほどの厚さですが、人によっては透けて見えるくらい薄くて弱い歯茎の方もいらっしゃいます。薄くて弱い歯茎の方は、歯茎が下がってしまう可能性が高くなります。
歯科治療 · 28日 1月 2020
根っこの炎症で歯を抜かないために
歯の根っこの先に炎症を起こして、骨がなくなってしまうと、歯を抜くと言われることがあります。 単純に歯の根っこ治療を行っても完全に消毒できない場合など、歯を抜く判断になってしまうことがあります。
歯科治療 · 27日 1月 2020
歯が知覚過敏になっていませんか? 歯の知覚過敏は通常一時的な現象です。長く続くようでしたら、単なる知覚過敏ではないかもしれません。虫歯が進行してしまって神経が過敏症となっている場合も知覚過敏が起こります。そのため、知覚過敏が続くようでしたら、歯医者で検診をされることをお勧めします。
歯科治療 · 26日 1月 2020
八重歯の歯茎の腫れ
八重歯は歯周病にかかりやすい事が知られています. 単に磨きにくいから歯茎が腫れてしまい歯周病になってしまうと言う事です.どうして磨きにくいのかというと、八重歯の裏側が隣の歯と重なってしまっていて歯ブラシが届かない部分になります.フロスなどでもよく磨けない場合も多いようです.
歯科治療 · 25日 1月 2020
歯を抜く前に歯科用CTなどでしっかりと確認してどうしても抜く必要があるのか審査されてはいかがでしょうか。歯を抜きたくないという歯科治療の御相談が相変わらず多いように感じます。
歯科治療 · 24日 1月 2020
歯科治療に不信感やトラブルをお持ちの方は、セカンドオピニオンを通院されているところとは別の病院に行かれる場合がありますが、セカンドオピニオン自体があまり効果がないために、別の病院に転院されることが多いようです。 セカンドオピニオンでは自分が治療をすることが前提となっていないこともあり、単なる状況の説明に近いこともあるようです。
歯科治療 · 23日 1月 2020
あなたは、もしかして歯科医院で歯を抜くと言われてしまい、抜かなくて済む治療法を探されていますか? 歯を抜くか抜かないかは病院によって基準があります。また、歯を残すための治療法は特殊な治療法も多いため、病院によって行っていない場合もあります。治療法の確認もされると良いと思います。 歯科院に行くときは基本的に嫌なことが多いのでしょうが、歯を抜かなくてはいけないと言われた時が一番ショックかもしれません。歯があるものとして生活していると歯のありがたみというか、歯の価値を考えることはありませんが、いざ歯を抜くと言われたときは歯の価値を感じる瞬間でもあります。
歯科治療 · 22日 1月 2020
歯ぐきが下がったときの歯科治療
歯茎が下がってしまって歯が長くなる方が年々増えています。特に前歯が長くなってしまうと見た目も悪くなってしまいます。 歯茎が下がって長くなってしまった歯を短くする歯科治療をご存知でしょうか? 歯茎の再生治療と言っておりますが、あまり知られていない歯科治療法です
歯科治療 · 21日 1月 2020
歯茎を回復させる歯科治療
歯茎が下がってしまってどう対処すればよいかお困りの方も多くいらっしゃいます。 そんな時に、歯茎を回復させる歯科治療があることをご紹介いたします。
歯科治療 · 19日 1月 2020
拡大鏡 歯科治療
歯テレビなどで外科の先生がオペの時に拡大鏡を使用しているのを見た事がある方もいらっしゃると思いますが,歯科治療は身体の多くの部分より細かい部分を見る必要がある場合が多いため,拡大鏡を使用しております.

さらに表示する