カテゴリ:歯を抜かない治療法



歯科治療 · 13日 4月 2021
通常、一般的な歯科医院で歯周病治療を健康保険で行う場合、中程度以上の歯周病は治らないと考えた方が良いでしょう。 保険で歯周病治療を行う場合、保険請求の関係で流れ作業となります.1回目に検査と歯石取り、2回目に検査、3回目から何回かに分けて歯石取りを行います.(麻酔をして歯茎の内部の歯石を取る病院はほとんど存在しません.) 初期の骨の吸収が少ししか起こっていない歯周病は歯石を取って歯茎が引き締まれば歯周病の症状が落ち着く事があります.しかし、中程度以上の骨が吸収してしまっている歯周病では歯石をとっても歯周病は進行し続ける場合が多いでしょう。重度の歯周病は基本的に抜歯となってしまっている事と思います.
歯科治療 · 12日 4月 2021
神経のない歯の虫歯は大きくなりやすいってご存知ですか?
神経の無い歯は虫歯が進行しやすいってご存知でしょうか?
歯を抜かない治療 · 11日 4月 2021
差し歯が外れた
差し歯が外れた場合、通常歯の根っこに立っているコアと言う土台ごと外れてしまっている場合が多い用です。
歯科治療 · 09日 4月 2021
差し歯が外れた
差し歯が外れてしまた時に歯を抜くと言われる事があります。 差し歯が外れてしまった場合、歯の状況は意外に深刻かもしれません。 差し歯が外れた場合、単純に歯の部分のみが取れているのではなく、通常歯の根っこに立っているコアと言う土台ごと外れてしまっている場合が多いようです。
歯を抜かない治療 · 08日 4月 2021
差し歯の中が虫歯になってしまったけど残す方法
差し歯が外れて歯医者に行った場合に、虫歯だから抜くしか無いと言われてしまう事があります. 歯茎の内部まで虫歯が進行していても抜かずに残せる歯科治療法がありますので今回ご紹介いたします.
歯を抜かない治療 · 07日 4月 2021
歯を抜かない治療法
虫歯が深い場合でも歯を抜かずに済むかもしれません. 神経のない歯の差し歯が土台ごと取れてしまった場合,通常、歯の内部に虫歯が進行してしまっています.虫歯を取り除くと歯の多くの部分が無くなる場合が多く、歯を残せないと言われる事も多いようです. もちろん、すべてのケースで残せるわけではありませんが,骨に埋まっている部分の健康な歯の根っこの長さが十分ある場合は部分矯正法という方法で歯の根っこを引っ張り上げて歯を抜かずに保存する事ができる場合があります. この方法は保険診療の対象外の治療となりますので、どこの歯科医院でも行っているわけではありません。歯を抜くというお話が出た場合で歯を残したいというのであれば、部分矯正法が可能か確認されてはいかがでしょうか。
歯科治療 · 03日 4月 2021
歯茎が下がって歯の根っこが露出しています.
あなたの歯茎は丈夫な方ですか? 前歯の歯茎は通常1ミリほどの厚さですが、人によっては透けて見えるくらい薄くて弱い歯茎の方もいらっしゃいます。薄くて弱い歯茎の方は、歯茎が下がってしまう可能性が高くなります。
歯科治療 · 02日 4月 2021
根っこの炎症で歯を抜かないために
歯の根っこの先に炎症を起こして、骨がなくなってしまうと、歯を抜くと言われることがあります。 単純に歯の根っこ治療を行っても完全に消毒できない場合など、歯を抜く判断になってしまうことがあります。
歯科治療 · 30日 3月 2021
歯を抜いてインプラントを入れる前に
歯を抜く前に歯科用CTなどでしっかりと確認してどうしても抜く必要があるのか審査されてはいかがでしょうか。歯を抜きたくないという歯科治療の御相談が相変わらず多いように感じます。
歯科治療 · 28日 3月 2021
あなたは、もしかして歯科医院で歯を抜くと言われてしまい、抜かなくて済む治療法を探されていますか? 歯を抜くか抜かないかは病院によって基準があります。また、歯を残すための治療法は特殊な治療法も多いため、病院によって行っていない場合もあります。治療法の確認もされると良いと思います。 歯科院に行くときは基本的に嫌なことが多いのでしょうが、歯を抜かなくてはいけないと言われた時が一番ショックかもしれません。歯があるものとして生活していると歯のありがたみというか、歯の価値を考えることはありませんが、いざ歯を抜くと言われたときは歯の価値を感じる瞬間でもあります。

さらに表示する